Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

健康関連

40代は必見!太らない食べ方!

投稿日:2016年1月27日 更新日:

太らない食べ方とは?

 

40年代になると、若いころとと同じ量を食べているのに「なぜか太る」とか、いくら食事制限をしても「やせない」ということがよくあります。

40代の体は、20代30代のころとは違うので、昔のようにたくさんの栄養を必要としていません。そして、同じ量を食べても昔のように消化をしてくれません。

そのため、「太らない食べ方」になるように調整する必要があります。
「太らない食べ方」は「40代の体に負担をかけない食べ方」と言えます。

それではどんな食べ方がいいのでしょうか?

スポンサード リンク




 

40代におすすめの「太らない食べ方」

・和食を中心とした食事にする

和食なら、カロリーも控えめで野菜や繊維質をたくさん取ることができるバランス食です。
酢の物や漬物といった胃腸を元気にしてくれるものもとることができます。
ご飯を玄米や雑穀米にしたりと、アレンジができるので飽きることありません。

・最初に野菜を食べる

最初にごはんや砂糖を多く使う煮物などを食べると、血糖値が急上昇してしまいます。
野菜をまず食べてしまうことで、血糖値の上昇を緩やかにしてくる働きがあるのと同時に、食べ過ぎを防いでくれるし、繊維質やビタミンをとることができます。

・繊維質を積極的にとる

繊維質は便秘対策にもとても有効なのですが、腸の有害物質を出してくれたり、血糖値が上がるのを防いでくれたり、腸内の細菌を整えてくれたり、過剰なコレステロールを輩出してくれたりと、ベネフィットを数えたらキリがないぐらいです。海藻類、キノコ類、タイ図、サツマイモ、葉物野菜、ニンジン、ブロッコリーなどに含まれています。

・腹八分目にする

昔から「腹八分目に医者いらず」と言われます。
食べ過ぎは体にとってデメリットでしかありません。
たくさん食べたからといってそれがすべて栄養にならず、脂肪になってしまうのは悲しいですよね?
・間食をしない

お腹が空いて我慢ができない時以外、間食はやめましょう。
40代の胃腸は疲れやすくなっています。
昼食のあとに、間食、そして夕食を食べると、胃腸が休むヒマもなくなく働くことになります。
甘いものを食べたくなったら洋菓子よりも和菓子がおすすめです。

・朝は「排泄の時間」

朝は実際に排泄することも大事なのですが、昨日の夕方の食事のエネルギーを消化したり、体に水分を与えたりして整えます。
朝のメニューは野菜ジュース、オレンジジュース、りんごジュースといった軽いもので十分です。
もし、お腹が空いているなら軽く朝食をとります。
10時にお茶の時間をとっているなら、お菓子はやめましょう。

・昼食は普通に

お昼のあたりが一番活動する時間帯なので、食事は普通にとります。
メニューはなんでも大丈夫ですが、でも、和食だとベターです。

・夕食はたんぱく質を中心に

夕食は、たんぱく質を中心にとります。
夜はもう寝るだけなので、あまりエネルギーを必要としません。
そのため、炭水化物を控えめにします。
さらに寝ている間に体の修復が行われるので、その時に十分なたんぱく質をとっていることが理想です。
最近は「肉をあまり食べない方が」という人が増えていますが、肉も重要な栄養素です。
魚、肉、大豆、卵など、バランスよく食べることがおすすめです。

 

おわりに

これらのポイントは、一般的に言われる「健康的な食べかた」とほぼ同じです。
東洋医学では「肥満は病気」といいます。
体の機能が正常でないため肥満になるということなんですね。

確かに、健康的な人は太っていませんよね?
肥満傾向が気になるなら、健康的な生活になるよう意識することがおすすめです。

スポンサード リンク




 







-健康関連
-

執筆者:


  1. […] 「太らない食べ方」を実践するのもおすすめです。 普段、運動をする習慣がないなら、体に負担の少ないものから始めるのがおすすめです。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一人暮らしの光熱費節約術

一人暮らしの自炊「ご飯・パン」は「冷凍保存」して節約!

一人暮らしで節約を考えているなら、「自炊」がベストです。 食費を低くまとめることができますし、外食よりもヘルシーです。 長い目で見ても、料理ができて損することはありません。 でも、1人暮らしだと、 ・ …

なりかけのぎっくり腰対処法

ぎっくり腰になりそうな時はどうする?なりかけの時点での対処法

ぎっくり腰が起こってしまうと、数日間は何もできなくなってしまうのでつらいですよね。 ぎっくり腰が起こる原因は、色々あります。 「重いものを無理な姿勢で持ったとき」 「不自然な姿勢で遠くのものをとろうと …

40代の「疲れやすい」を改善

40代の「疲れやすい」を改善方法はこの3つ!

40代になって ・疲れが取れなくなった ・朝、体が重たくて起きるのがつらい ・ちょっと動いただけで息が上がる といったことを経験していませんか? 20代・30代の頃は、早めに寝たり、栄養ドリンクを飲ん …

40代女性の体力低下対策

体力低下で気力もわかない「40代」どう対策したらいい?

体力が低下すれば、仕事や家事がだんだんと億劫になるものです。 作業が後回しになれば、気持ちは焦るし、かといって体が動かないので気力もわいてきません。 こんなときどうしたらいいのでしょうか? それは「体 …

エコノミークラス症候群を予防する体操は?

エコノミークラス症候群を予防する体操・運動・グッズは?

エコノミークラス症候群になりやすい人は、 ・窓側の席でトイレに立たない人 ・糖尿病がある人 ・妊娠している人 ・避妊薬を服用している人 ・血栓ができやすい人 と言われています。 症状を訴える人は5,0 …