Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

健康関連

40代が無理のない方法で体力をつけるには?体力低下対策は?

投稿日:2016年1月27日 更新日:

40代体力向上

40代になってから「疲れやすい」「ちょっと坂道を上っただけで息があがる」といったことはありませんか?

若いころからテニスやジョギングといった運動をしてきた人でも、体をまめに動かしてきた人でも、年齢を重ねるごとに体力の衰えを感じるのは自然なことです。

体力の低下を放っておくと、肥満につながる、生活習慣病にかかりやすくなる、風邪をひきやすくなる、足腰が弱って骨折するというような嬉しくないトラブルに見舞われる可能性があります。

40代はまだ体が動く時期ですので、意識的に体力をつけておくことがおすすめです。
基本的には、

1. 軽い運動をする
2. 食べ方を変える
3. 質の良い睡眠をとる

の3つのポイントを押さえておくといいでしょう。

スポンサード リンク




 

40代が無理をしないで体力をつける方法

1. 軽い運動をする

「体力」=「筋肉」ではありません。
そのため、いきなり、ジムの会員になる必要はありません。

突然の筋トレは体に負担がかかるだけでなく、体を傷めてしまう可能性もありちょっと危険です。
「軽い運動」の1歩として「歩く」ことから始めることをおすすめします。

「歩く」ための時間をとってもいいのですが「ただ歩く」というのは、案外と飽きてくるものです。
特に、忙しいときに時間を確保するのは面倒だしかえってストレスになります。

「今日はいいか」なんてことにならないよう、「歩く目的」があるといいです。

例えば、会社に行くのに駅まで徒歩10分だとしたら、少し遠回りするとか、階段をのぼらなくてはいけない道のりを行くとか、エレベーターを使わずに階段を使うといった行程を加えます。

1日におよそ「1万歩」歩ければ上出来です。
普段の生活の中でも歩いているので、自宅で座りっぱなしの仕事をしていない限りは難しい目標ではありません。
それに激しい運動とは違うので、けがの心配もありません。

ぜひ、この機会に万歩計を使ってみてください。
「筋トレ」は歩くことに慣れてきてから考えても遅くありません。

2. 食べ方を変える

40代は、若いころのような量をべる必要はありません。
体も変化してきているため、消化できる量も必要な栄養素も違います。

そのため、

・朝食は軽く(野菜ジュースだけでもOK)
・野菜から先に食べ始める
・腹八分目にとどめる
・間食はしない
・和食を中心に

といった健康的な食生活を送るのがおすすめです。

3. 質の良い睡眠をとる

「寝ている間は『成長ホルモン』が分泌される」ということを聞いたことがありますよね?
大人はもう成長しているので必要ないと思われがちですが、このホルモンは大人でも必要です。

成長ホルモンは、大人の場合、傷ついた細胞やを修復してくれたり体の調子を整える働きをしてくれます。
この成長ホルモンが最大に分泌されるのは「午後10時~午前2時」です。
この時間帯には布団に入っているのが理想ですが、40代は忙しいので難しいかもしれません。

それでも、できるだけ12時前には布団に入るようにしましょう。

 

おわりに

これらのポイントは、ほぼ「規則正しく健康な生活」を送るためのポイントと同じです。
若い頃なら不規則な生活の中でも、ありあまる体力やエネルギーで乗り越えてこれたでしょうが、40代ともなるともうごまかしはきかなくなってきます。

生き生きとした生活を送るためにも、ぜひこの機会に自分の体、そして生活習慣とじっくりと向き合ってみてください。

スポンサード リンク




 







-健康関連
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

なりかけのぎっくり腰対処法

ぎっくり腰になりそうな時はどうする?なりかけの時点での対処法

ぎっくり腰が起こってしまうと、数日間は何もできなくなってしまうのでつらいですよね。 ぎっくり腰が起こる原因は、色々あります。 「重いものを無理な姿勢で持ったとき」 「不自然な姿勢で遠くのものをとろうと …

40代女性の体力低下対策

体力低下で気力もわかない「40代」どう対策したらいい?

体力が低下すれば、仕事や家事がだんだんと億劫になるものです。 作業が後回しになれば、気持ちは焦るし、かといって体が動かないので気力もわいてきません。 こんなときどうしたらいいのでしょうか? それは「体 …

海外旅行先での病気・ケガ

海外旅行先で「病気」「ケガ」の英語「下痢」「吐き気」「蜂に刺された」

海外旅行先では、現地の食べ物が口に合わなかったり、いつもの日本食を食べられないことが原因で体調をくずしてしまう人もいます。 さらに水の質も違うため、下痢をしたり、肌荒れしたり、体が痒くなるという人も。 …

海外旅行先での病気

海外旅行先で「病気」「ケガ」の英語「熱中症」「めまい」「熱」

日本と環境で過ごす海外旅行では、時差ぼけ、フライトの疲れ、食べ物の違い、水の違い、現地での病気などといった様々な要因から、体調には十分に気を配る必要があります。 旅行先で病気になってしまったりけがを負 …

帰国後の時差ぼけ、眠れない

帰国後、時差ぼけで眠れないときの6つの解消法

海外から帰ってきてから悩まされる時差ぼけ、つらいですよね。 明日には仕事があるので寝ておきたい、 生活のリズムを取り戻したいので夜は寝ておきたい でも眠れない・・・! それはもう不快でしかありません。 …