Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

国際線の機内食のタイミングって?おかわりできる?

投稿日:2016年1月4日 更新日:

機内食のおかわりはできる?

せまい座席での長いフライトでの楽しみの一つは「機内食」です。
国際線で機内食が出されるタイミングは、通常、離陸してからおよそ2時間後と、到着前の2時間ぐらい前です。”

スポンサード リンク


 

機内食はどうやって、どの時間に配られる?

 
離陸して、飛行機が上空で安定姿勢になると、キャビンアテンダントがおしぼりを配り始めます。

その後で、ドリンクサービスが始まります。自分の好きなドリンクをフライトアテンダントに注文すると、小さいパッケージに入ったスナック(ナッツ、お煎餅、プレッツェルなど)と一緒に出してもらえます。

飲み終わるころにはフライトアテンダントがカップやごみを回収し、機内食のメニューが配られます。

この機内食は出発してきた日本時間や到着する現地時間での食事の時間が考慮されているわけではなく、ほとんど飛行機の運航時間の都合で出されるようです。

最初の食事は、キャビンアテンダントたちが支度を済ませたころ、つまり、離陸してから2時間ぐらい経ったころです。
2度目の食事は目的地に着陸する2時間ぐらい前に配膳されます。

長いフライトになると、2回の食事の間にアイスクリーム、カップラーメン、おにぎりといった軽目のスナックを希望者に配ったりしています。
フライトアテンダントが飲み物をちょくちょく配りに来てくれますが、ギャレー(キャビンアテンダントたちが食事の支度などをする部屋)に行くと飲み物や小さいスナックが用意されていることがありますので、必要な時は利用しましょう。
 

機内食はおかわりできる?

 
結論からいうと「できます」。

フライトアテンダントが機内食を配るときには、「和食になさいますか、それともチキンになさいますか?」などと尋ねてきます。
そこで「和食をお願いします」などと希望を伝えます。
この機内食は人数分よりも少し多めに用意されているのが通常です。

そのため、おかわりすることができるます。
ただ、機内食が終了してしまったり、キャビンアテンダントによっては「できません」ということもあるようです。

追加をお願いしたいときは、
「もしも余ったら、もう一つもらうことはできますか?」
「もらった機内食でちょっと足りなかったのでもう一つもらってもいいですか?」
のようにお願いするといいでしょう。

あなたの払ったチケット代分よりも多く機内食をもらうわけですから、マナーを持ってお願いすることが大事です。

チケット代分とはいっても、ちょっと多めに用意されている機内食です。
残ってしまえば廃棄されてしまうわけですから、ゴミになってしまうよりも楽しんで食べてくれるなら、航空会社としてもうれしいはずです。

もしも興味があったら次のフライトで試してみてください。

スポンサード リンク


  

-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外ひとり旅体験談

国際線と国内線の違いって何?同じ飛行機じゃないの?

「国際線」「国内線」ってよく聞きますが、これらの違いって何だかご存知ですか? 比べてみると「ふーん、そうなんだ」って思うかもしれませんが、実際に乗ってみると違いが分かります。 乗り比べしてみるのも面白 …

国際線の乗り継ぎ宿泊

海外旅行の乗り継ぎで「宿泊したい」「宿泊する羽目に」あれこれ

海外旅行では、国際線を乗り継ぐことがよくあります。 たいてい経由する空港に降りると、次の飛行機に乗るものですが、その経由地で「宿泊」をすることがあります。 この「宿泊」は、 ・本人の希望で「宿泊をする …

エコノミークラス症候群を予防する体操は?

エコノミークラス症候群を予防する体操・運動・グッズは?

エコノミークラス症候群になりやすい人は、 ・窓側の席でトイレに立たない人 ・糖尿病がある人 ・妊娠している人 ・避妊薬を服用している人 ・血栓ができやすい人 と言われています。 症状を訴える人は5,0 …

英語でゆっくり話してください

海外旅行、飛行機の子供料金って何歳まで?中学生は?

「お子さんが子供料金のうちに海外旅行に行っておきたい」 と考えている家庭も多いはずです。 海外旅行の場合、「12歳未満」までが子供料金になります。 「大人料金」になると家計に響いてきますよね。 お子さ …

英語の機内アナウンス、セリフは?

飛行機の乗り方。国際線に乗るまでの手順って?

「初めての海外旅行」というのは期待に満ち溢れてとてもワクワクしますよね? でも同時に、生まれて初めて日本の外に出るということにちょっとした不安も感じているのではないでしょうか。 今や、多くの人が経験し …