Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

産後のケア

一体いつまで続くの?産後の肌荒れ!化粧品はNG?

投稿日:

産後の肌荒れ、いつまで続くの?

産後の肌荒れがひどくてびっくりしていませんか?

特に、あなたのお産が初めてなら、やけに肌が敏感になったり、かゆかったり、ボロボロに乾燥したりすると不安になりますよね?

今までの化粧品では刺激が強すぎたり、しみたりすることが起こることがあります。
これで、髪の毛がごっそり抜けたりすると本当に心配ですよね。

スポンサード リンク





 

産後の肌荒れはいつ治る?原因は何?

 
この不快な「産後の肌荒れ」は、一般的に、半年から1年ぐらいで治まることが多いようです。

産後の体は、かなり体力を消耗した状態です。

産後6~8週間は「産褥期(さんじょくき)」と呼ばれ、この期間、出産後の女性はゆっくり休んで体調を整えるということが昔から言われてきました。

女性の体は「お産をで弱り切った体を回復させよう」と頑張っているんですね。

しかし、私たち女性は、出産してすぐに赤ちゃんの面倒を見なくてはいけません。
赤ちゃんに母乳を与えたり、おむつを取り替えたりするために夜中に何度も寝床から起きなくてはいけません。
そんな24時間体制の赤ちゃんのお世話をしているので、あなたはおそらく睡眠不足ではありませんか?

それに、おいしい母乳を作るためにも、あなたと赤ちゃんのための2人分の栄養をとらなくてはいけません。

初めてのお産をした女性は、育児に対する不安や緊張感、さらには赤ちゃんがあなたの生活にやってくることで突然変化する生活サイクルにも戸惑いを感じることも多いです。
自分の時間がまったくなくなってしまってストレスを感じたりもしていませんか?

そのため、湿疹、赤み、かゆみ、敏感になる、カサカサ、吹き出物、といった症状が現れてしまうのは仕方のないことです。

お母さんになった人は誰もが通る道です。
時が経つのをじっと待つしかありません。
 

産後は体質が変わる?

 
自分では「大丈夫!」だと思っていても、産後は体力が弱まっている時期です。
そのため、産褥期の期間はゆっくりと休む時間を持つことがおすすめです。

疲労を回復する、十分な睡眠をとる、十分な栄養を取る、ストレス解消をする、十分に水分をとる、心にも栄養を与える、といったことを「あなたのためだけに」する必要があります。

しかし、一部の女性は、出産後、肌質、髪質、体質、体調が変化するようです。歯や骨が弱くなってしまう人もいるようです。(私も味覚が変化しましたし、歯が弱くなりました)
 

「あなたと赤ちゃんが気持ちよく過ごせる」ことがポイント!

 
そのため、赤ちゃんがお昼寝する時、もし時間が許すなら一緒に寝てしまいましょう。
これは少しでも多くの睡眠をとるためです。

赤ちゃんが寝ている間に「あれもしよう、これもしておこう」などと頑張ると、心も体も疲れてしまいます。

どうぞ、赤ちゃんとゆっくりと休んでください。

そうはいっても、ご家庭の事情でそうそうゆっくりもできないかもしれません。
そんな場合は、休める時間を見つけたときに「本気で休んで」エネルギーをチャージしてください。

出産して「いつまでもイキイキとしたママ」になるのか「生活に疲れてた老けたママ」になるのかの分かれ目は、ちゃんと休んで体力を回復したかどうかにかかっているといっても過言ではありません。
 

産後のスキンケアやおすすめの化粧品は?

 
24時間体制の育児と回復なので、スキンケアや髪のお手入れが後回しになってしまうのも仕方ありません。

でも、せめて肌の保湿だけはしておきたいですね。

肌が敏感になっている時期なので、肌に優しいナチュラルなスキンケア製品を選ぶといいでしょう。
もちろん、無添加やオーガニック製品でも大丈夫です。
シャンプーや、台所洗剤、洗濯用洗剤なども併せてナチュラルなものに変えてもいいですね。

ただし、産後の肌荒れの症状が重い場合は、病院で相談することをおすすめします。

子供が大きくなって振り返ってみると、「赤ちゃんのお世話をしていた時期」というのはまさに「至福の時」です。

絶対に無理はせずに、栄養のあるものをたくさん食べて、ゆっくり休んで、優しいスキンケア製品で肌をいたわってあげてくださいね。

「こんなに休んでいいの?」「私ってぐうたらしている?」と思うぐらい休むのがちょうどいいですよ!

スポンサード リンク





  







-産後のケア
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした