Nothing really matters

気になることを色々と、すこしずつ。

海外旅行の機内持ち込みはカバン?キャリーケース?それともサブバッグ?

      2016/06/04

海外旅行のキャリーケース

機内持込の手荷物は、ボストンバッグ、ショルダーバッグ、リュックサック、スーツケース(キャリーケース)、サブバッグと、ほぼ何でも大丈夫です。
もちろん、手ぶらでも構いません。

それぞれのバッグに利点があるので、どのようなバッグを使うかは好みで決めてしまっていいでしょう。

移動時間が短いなら、少ない荷物でも済みますのでショルダーバッグ1つでも大丈夫です。

逆に、フライト時間が長かったり、乗り換えをするような移動では、トラベルグッズや本など、必要なものが増えます。
そうっいった荷物を、例えばボストンバッグのようなバッグに詰めて持ち歩いているとだんだん重く感じてくるものです。
ボストンバッグは、中身が少ないときには場所をとらなくていいのですが、一たび中身が多くなってくると、移動するのが負担になります。

そんな場合には、機内持ち込みできるキャリーケースが便利です。

キャリーケースはこんな人におすすめです。

スポンサーリンク

 

海外旅行のキャリーケースはこんな人におすすめ

キャリーケースは一定の場所をとりますが、引いて歩くだけなので移動するのが楽です。

荷物の多い人、赤ちゃんや小さいお子さん連れ、仕事でラップトップや資料を持っている人にお勧めです。

乗り継ぎのフライトでは、次の便が遅れたり欠航したりといったことがまれにあります。
そんなときは、預け入れたスーツケースにアクセスできないため、手持ちのアイテムでしのぐ必要があります。
キャリーケースなら、1泊分の着替えを入れておくことができます。

またキャリーケースは、子供でも楽に引くことができるので、疲れたときに手伝ってもらえることもできます。
お子さんに重いバッグやリュックを背負ってもらうわけにはいきませんよね?

 

海外旅行の機内持ち込みのバッグのサイズって意外と大きい?

“国際線での機内に持ち込める手荷物のサイズは、

(縦)×(横)×(厚さ・マチ)の合計が「115cm以内」

です。
これは一般的な大きさなので、旅行前には必ず、航空会社のホームページや旅行会社から送られてくる資料で確認してください。

そして、機内持込の手荷物に「身の回り品(小さいバッグ)」を1つ追加することができます。

 

旅行経験者による機内持込キャリーケースの評価

何度も海外旅行を経験している人のキャリーケースの評価です。
参考にしてみてください。

ノーブランドの軽量のキャリーケースを機内持ち込み用として愛用しています。
「持ち運びが便利」という点を重視して購入しました。

ブランド物のキャリーケースも検討しましたが、1回海外旅行に行くだけでかなり傷がついてしまうので、気軽に買い替えられるように値段の安いものを選びました。

このキャリーケースは軽いのが最大の魅力です。
機内で頭上の収納棚に荷物を出したり入れたりしますが、軽いので問題ありません。

サイズ的にはそんなに大きくありませんが必要な物は全て収納できます。
内部にはポケットがいくつかついているので、小分けして収納できるところが気に入っています。

以前、欲張ってこれより一回り大きめのキャリーケースを持ち込んでいました。
でも、出し入れするのが大変で周りの方に迷惑をかけてしまうことがあったため買い替えましたが、正解でした。

その前には、ボストンバッグを機内持込していましたが、意外と収納力がないわりに、いちいち手で持って空港内を移動しなくてはならなかったので大変でした。

キャリーケースを機内持ち込みするようになったのは、海外の航空会社に預け入れ荷物の追加料金を請求されたことがきっかけです。
預け入れ荷物の規定をよく変更するし、厳しいので、荷物はなるべく手荷物に含めるようにしています。

機内持ち込みをすれば、預けた荷物が紛失したり破損したりということも避けられますし、なんといっても引いて歩くだけというおまけがありました。

おわりに

キャリーケースにも、ソフトタイプ(布)、ハードケース(プラスチック、シェルタイプ)がありますが、こちらも好みで選ぶといいでしょう。

ハードケースは、中身をしっかり守ることができます。
ソフトタイプのスーツケースを雨の中持って歩くと、中身が濡れてしまうことがあります。

スポンサーリンク