Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

国際線と国内線の違いって何?同じ飛行機じゃないの?

投稿日:2016年1月25日 更新日:

国内線と国際線の違い

「国際線」「国内線」ってよく聞きますが、これらの違いって何だかご存知ですか?

比べてみると「ふーん、そうなんだ」って思うかもしれませんが、実際に乗ってみると違いが分かります。
乗り比べしてみるのも面白いかもしれません。

国際線と国内線の違いをまとめてみました。

スポンサード リンク




 

国際線と国内線の違いはこれ!

国内線
国際線
日本国内の空港間を移動します。 日本の空港―海外の空港間を移動します。
チケット予約の作業は比較的簡単です。 チケットの予約に手間がかかります(パスポート番号の入力、乗り継ぎの確認、到着時の日付の確認など)。
日本国内の移動なので、時差の心配をする必要がありません。 長時間のフライトでは時差を考慮して体調やスケジュールを調整する必要あり。
搭乗券(チケット)さえあれば飛行機に乗ることができます。 「搭乗券とパスポート」がないと搭乗できません。
搭乗するためにパスポートは必要ありません。 パスポートがないと入出国できないし、渡航先によってはビザが必要。パスポートの期限が十分にあるか確認、ビザが必要なら大使館などで事前に入手します。
空港には、出発時刻の60~90分前には到着している必要があります。 出発時刻の2時間前には空港に到着する必要があります。
空港に到着してから搭乗するまで、比較的、短時間で済みます(チェックイン→セキュリティチェック(保安検査)→搭乗) 国内線とほぼ同様ですが、「出国審査」が加わります(チェックイン→セキュリティチェック(保安検査)→出国審査→搭乗)。
セキュリティチェックの後も「日本国内」にいます(当たり前ですが)。 「出国審査」後は、日本国内にいながら「出国した」扱いになります。そのため、免税店で免税品を購入することができます。さらに、消費税抜きで購入できるものがあります。
機内食はほぼ出ません。機内で食事を購入できま。 機内食が出ます。自分で食べるものを用意したり、機内で購入する必要はありません。機内食には、特別食のリクエストができます(ベジタリアン、宗教食、チャイルドミール、フルーツメニューなど、ただし事前の予約が必要です)
飛行時間が短い。日本国内の移動なので2~3時間で到着します。 渡航先によって長時間のフライトになります。ヨーロッパだとおよそ12時間。
座席にスクリーンやイヤホンといった娯楽のための設備はありません。 各座席にスクリーン、イヤホン、USBソケットといった設備があります。長時間のフライトの場合、映画を観たり、音楽を聞いたり、ゲームをしたりして時間をつぶすことができます。
座席に毛布などが用意されていません。 各座席に毛布や枕などが用意されています(持ち帰り用ではありません。)
機内の座席は「エコノミーのみ」のように1種類のクラスだけの場合が多いです。 機内の座席は「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「エコノミークラス」のようにクラス分けされていることがほとんどです。クラス別に、座席・食事・サービスが違います。
機内での免税品の販売は行わません(海外ではないので)。 機内では免税店の販売が行われます。
キャビンアテンダントは日本人なので、機内で日本語が通じます。 キャビンアテンダントがすべて日本語を話すとは限りません。日本人がいればもちろん日本語が通じますが、海外の航空会社を利用する場合、ほとんど英語で会話をしないといけないと思った方がいいです。
日本人の乗客が多いです。便によっては子供連れの家族が多いかも。 外国人の乗客が多いです。子供連れは少ないです。
定員が120~200席といった機体が小さいものが多いです。 機体が大きく、乗客が数百人になるのが通常です。
飛行機の窓から、日本の景色を楽しむことができます(天気の良いとき)。 窓から海外の雄大な景色を楽しむことができます。

おわりに

最近の大手国内線は、エコノミーでもより快適に空の旅を楽しめるよう工夫が凝らされています。
国際線も、長時間のフライトをできるだけ飽きさせないように尽力しています。

そういった競争は航空会社にとってはしのぎを削る思いでしょうが、私たち乗客にとっては朗報ですよね。

スポンサード リンク




 







-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外ひとり旅体験談

他人事ではないエコノミークラス症候群!発症時間と予防策は?

「エコノミークラス症候群」は、長時間の間同じ姿勢で座り続けていることが原因で起こる症状です。 ただ「長時間座っているから」という単純な原因ではありません。 乾燥している飛行機の中で過ごしたり、水分を十 …

ママ友とのトラブル。仲直りはどうする?

機内の英会話「飲み物(ジュース・水・ビール)」を注文したい

日本発着の国際便には日本人のキャビンアテンダントがいることが多いです。 でも、そのキャビンアテンダントがあなたの座席のエリアの担当でない場合、英語しか話さないスタッフがあなたのお世話をしてくれることに …

海外ホテルに英語でリクエスト

赤ちゃんの海外旅行「時差ぼけ」が心配?解消法はこれ

海外旅行好きなパパとママなら、 「赤ちゃんを連れて海外旅行に行きたい」 国際結婚をしたパパとママなら、 「赤ちゃんを連れて海外(または日本)へ行かなくてはいけない」 と、赤ちゃんを連れて国際便に乗るこ …

英語の機内アナウンス、セリフは?

長時間の国際線。機内での暇つぶしに何をする?

近場へ向かう国際線ならフライト時間も2,3時間です。 乗ったと思ったらすぐに到着するので、退屈することもないでしょう。 長時間のフライトになると、ハワイだと8時間、ヨーロやアメリカなら10~12時間は …

飛行機内で英語でコーヒーを注文

飛行機の中での英会話「コーヒーを注文したい」とき

国際線の機内でコーヒーの注文をしたいとき、 「こーひー(コーヒー)」 と、一言、単語を言っただけでは通じないことがあります。 もしくは、通じなかったという経験はありませんか? 「砂糖あり・なし」「ミル …