Nothing really matters

気になることを色々と、すこしずつ。

40代の「2重あごを解消をしたい!」簡単にできる体操って?

      2016/06/09

二重顎を短期で解消

鏡を見ながら「最近、二重あご」なってきた」・・・と感じたことはありませんか?
実際はやせているのにも関わらず、「二重あごがあるだけで」太って見えてしまうなんて悩ましいですよね。

一言で「二重あご」といっても原因が違っていれば対処の仕方も変わります。
一般的に二重あごの原因は、

・食べすぎ
・表情筋の衰え
・年齢によるもの
・遺伝

と言われています。
それぞれの解消法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

二重あごはどうやったら短期で解消できる?

・食べ過ぎの場合

食べ過ぎが原因なら簡単ですよね。
二重あごは脂肪ですから、カロリーを減らせばおのずと余分な脂肪が落ちてきます。
間食や食べすきをコントロールして、積極的に運動をしましょう。

40代になると、体が食べたものを消化するスピードが遅くなってきます。
消化しきれなければ脂肪になるだけなので、体に入るものを制する必要があります。

太らない食べ方」を実践するのもおすすめです。
普段、運動をする習慣がないなら、体に負担の少ないものから始めるのがおすすめです。

・表情筋の衰え、年齢によるもの

一生懸命メイクをしても、表情筋が衰えていれば意味がなくなってしまいます。

顔の筋肉はあまり意識することのない部分ですが、この筋肉が衰えると、しわやたるみを加速させる原因に。
表情筋のエクササイズを毎日10~15分行うだけでも、あごのラインをシャープにするのに役立ちます。
また、ガムを噛む・よく咀嚼(そしゃく)をして積極的にあごを動かすのもおすすめです。

 

<私が実際に試したエクササイズ>

(http://www.wikihow.com/を参考にしています。)
1. 首や肩を回してリラックス

2. 片手をあげます。その手を反対側のこめかみに当てます。
そして上げている手の方に首をそのまま傾けます。
反対側も同じように。動作も呼吸もゆっくり行います。

3. 肩越しに後ろの景色を見るように首をできるだけ回します。
後ろを見ているときは首の動きを止めて5秒間停止します。
反対側も同じように。動作も呼吸もゆっくり行います。

4. 今度は首を横に向けます。首を肩の上に置くようなポジションで10秒間停止します。左右1回ずつ行います。

5. 顔を前に向けたまま、目だけ右に動かし5秒停止。次に左へ。

6. 今度は下へ動かし5秒、上へ5秒。

7. 今度は斜め上、下の4方向へ5秒ずつ。
(この一連の動作で目がリフレッシュします)

8. 眉毛をできるだけ上に持ち上げそのままて5秒キープ。
これを5回繰り返します。

9. 次は眉毛を上げないようにしながら目と口をできるだけ大きく開けます。5回繰り返します。

10. 舌をできるだけ遠くに突き出します。つらいのですが突き出したまま60秒間キープします。

11. 口をつむんだまま、天井を見上げた姿勢で5秒間キープ。これを5回繰り返します。

12. 天井を見上げた姿勢で舌を5回突き出します。

13. できるだけ大きい動きで、あ、い、う、え、お、を3回。

14. 上下の唇を歯の上に乗せて口を閉じます。閉じたまま、口が笑った状態になるように両端を引き上げます。
10回ぐらい繰り返します。

結構なステップなのですが、覚えてしまうと何てことありません。
いつもお風呂に使っている間にやってしまいます。

これに加えて「頭皮のマッサージ」や「首を回す」「肩を回す」などして肩から上の部分の血行を促したり、良い姿勢をキープするのも二重あごの解消に役立ちます。

特に30代後半になると、顔の肉がたるんで顔の輪郭がぼやけてくるため、こういったマッサージは役に立ちます。

それから、「笑うこと」も効果的です。
表情豊かに過ごすよう意識すると生活にもメリハリがでます。

コンピュータの前で無表情で長時間作業をしているならぜひ意識したいですね。

・遺伝が原因の場合

遺伝の場合はコントロールは難しいかもしれません。
上手につきあっていくしかないかもしれません。
地道にエクササイズやマッサージを続けてみてはいかがでしょうか?

 

おわりに

自宅で二重あごの解消方法を試すのもいいのですが、ジムに通うのが一番早いかもしれません。

プロに測定してもらったり、あなたに合ったプログラムを組んでもらうことで、やみくもにエクササイズをして体力や時間の無駄遣いをしなくて済みます。

スポンサーリンク