Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

健康関連

40代女性が実際に効果のあった「体力をつける方法」とは?

投稿日:2016年5月28日 更新日:

40代が体力をつけるには?

無理をしても体がついてきてくれたのは30代ぐらいまで。
40代になると「すこし休憩したい」と感じるとこが多くなることはありませんか?

40代は出産を経験している女性も多いです。
ホルモンバランスの変化があったり、日常生活の疲れや、体力の年齢定期な衰えを感じることもあります。

体力をつけるために生活に取り入れてほしいのが「運動」です。
「サプリメントを飲んで回復」「これを食べれば大丈夫」といった安易な方法だけに頼らずに、運動とともに実践するのがおすすめです。

おすすめの運動と、体力を回復した方の体験談をご紹介します。

スポンサード リンク




 

40代女性に実際に効果のあった「体力回復」

普段、あなたが運動をしないなら、ウォーキングやゆっくり目のジョギングといった軽いものをしばらく続けてみてください。

「土日にまとめて運動する」というのではなく、毎日30分ぐらいを目安に、「毎日体を動かす」ことを「続ける」ことがポイントです。

そして寝る前には、数分だけでもいいのでストレッチをしてから床に入ります。
日常生活では意識的にこまめに体を動かしてください。

毎日体を動かしていると体が慣れてきますし、その中で体力を少しずつ回復することができます。

手っ取り早いのは、ピラティス、エアロビクス、ジムといった教室に
通ううことです。
一度始めたら、少なくとも半年ぐらいは続けるのが体力をつけるコツです。

 

体力を回復した体験談「豚みたい・・・」

体験談:
子育てで忙しかったせいか運動する時間がほとんどなく、ぐっすり眠れない、目覚めても疲れが取れないことがよくありました。

授乳をしていたので、栄養バランスを考えないといけなかったのでしょうが、ご飯を作る体力もなく、でき合わせのものばかり食べていました。
今考えると、食生活はかなり乱れていたと思います。
これでは体力が落ちるのは当然です。

ある日、お風呂場で自分の背中を合わせ鏡で見て愕然としました。
「豚みたい…」と思いました。

体力もないし、体はたるんでいるし、どうにかしなくてはと焦りました。
そこで、近所のエアロビクススタジオに入会することに。
幸運なことに、そのエアロビクススタジオは託児所が備わっていました。
託児所にお世話になることにして、エアロビクスは週に3回通いました。

運動は定期的に行うことで効果が出ると思います。
久々に運動をすると、最初はすぐに息が上がってしまったのですが、続けていくうちに体が慣れてきました。
衰えきっていた筋力も少しずつ鍛えられました。

体力が回復してきただけでなく、体重も減りましたし、背中もすっきりしました。
体力と体形の変化が明らかになったのは、運動を始めて1年後ぐらいでしょうか。

今ではエアロビスクを続けて5年以上になりますが、体調はいたって好調です。
人間ドックでも何の異常もありませんし、肩こり、腰痛、足の疲れも無縁です。

体力が回復すると、人生の色々な部分が変化します。
気持ちはとっても前向きで晴れ晴れとしていますし、体が軽いので何に対してもリラックスして取り組めることができます。

体力の有無は精神状態にも大きく影響すると思います。

おわりに

以前、ピラティスの教室に通っていたとき、初心者の40代女性が何人か入会してきました。
最初は腕立て伏せを2~3回したらバテてていたのに、頑張って1年間通い続けた結果、全員がすっきりとした健康的な体形手に入れたのには驚きました。

彼女たちは現在50代です。
その中の数名は10Kのマラソンに参加するほどパワフルです。

スポンサード リンク




 







-健康関連
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外ひとり旅体験談

他人事ではないエコノミークラス症候群!発症時間と予防策は?

「エコノミークラス症候群」は、長時間の間同じ姿勢で座り続けていることが原因で起こる症状です。 ただ「長時間座っているから」という単純な原因ではありません。 乾燥している飛行機の中で過ごしたり、水分を十 …

ヨーロッパへ海外旅行

ヨーロッパへ旅行!時差ボケ対策はOKですか?防止するならコレ

ヨーロッパ旅行が決まっていますか? 時差ぼけしやすいのは「東回り」とかいいますが、西回りでも南回りでも時差ぼけする人はしますし、大丈夫な人はケロッとしています。 時差ぼけを経験したことがあるなら分かと …

ぎっくり腰はいつまで続く?

ぎっくり腰はいつまで続くの?座り方や姿勢はどうしたらいい?

ぎっくり腰は、重症の人だと数日間は何もできなくなってしまい、痛みが引いて通常の生活に戻るまでに10日ぐらいかかる人もいます。 私の知り合いはどうしても仕事を休めなかったので1か月ぐらい痛みを我慢して通 …

海外旅行先での病気

海外旅行先で「病気」「ケガ」の英語「熱中症」「めまい」「熱」

日本と環境で過ごす海外旅行では、時差ぼけ、フライトの疲れ、食べ物の違い、水の違い、現地での病気などといった様々な要因から、体調には十分に気を配る必要があります。 旅行先で病気になってしまったりけがを負 …

40代の「疲れやすい」を改善

40代の「疲れやすい」を改善方法はこの3つ!

40代になって ・疲れが取れなくなった ・朝、体が重たくて起きるのがつらい ・ちょっと動いただけで息が上がる といったことを経験していませんか? 20代・30代の頃は、早めに寝たり、栄養ドリンクを飲ん …