Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

健康関連

快適枕の作り方。簡単に「今晩」試すことができます。

投稿日:2016年1月21日 更新日:

快適枕の作り方

あなたの枕は快適ですか?

「睡眠」ってとても大切なことは誰でも知っています。
疲れを取り除いてくれるだけではなく、傷ついた細胞や筋肉の修復を行ってくれたり、免疫力をアップしてくれたり、子供たちにとても大切な「成長ホルモン」も分泌してくれます。

それなのに、現代人に多いのが、

「なかなか寝付けない」
「寝ている間に目が覚める」
「眠りが浅い」
「朝、目覚めても疲れている」

などという悩みです。

朝、「あぁ~、良く寝た!」とすっきり目覚めたくはありませんか?

「快適枕」を使ってみると、意外とあなたの悩みは解消されるかもしれません。
タオルさえあれば試すことができるので、今晩試してみませんか?

スポンサード リンク




 

「快適枕」の作り方って?

快適枕は、テレビや健康雑誌などでも紹介されていますが、作り方はいたって簡単です。
タオルを畳むだけなんです。

色々と「畳み方」が紹介されていますが、快適に感じる枕は人それぞれです。
自分で「心地よい」と感じる枕の「高さ、広さ(幅)、柔らかさ」があるはずです。

そのため、タオルを3つ折りにしみたり、2枚、3枚と重ねてみたりして自分の快適枕を見つけてみてください。

よく紹介されているのは、「Z」の字を書くように畳みます。
「幅広のハリセン」を作るような感じで、平らな枕になるように畳みます。

枕の高さは、

・仰向けの場合
頭、首、上半身の力が抜ける状態、体全身がリラックスした状態になるように。

・横向きの場合
頭の位置が下がらないような、頭がまっすぐの状態を保てるような高さ。

がおすすめです。

 

タオル枕のおすすめな点は?

タオル枕の良い点は、

・あなたに合った高さの枕を作ることができる

あなたに合った高さの枕を探し続ける必要がなくなります。
体調や体型の変化に合わせていつでも変形させることができます。

・リーズナブルに作ることができる

川の石が入った枕、ラベンダーの香りがする枕、そば殻の枕、「●●の健康まくら」など、巷には無数の種類の枕がありますが、タオルの枕の材料はタオルだけす。
高価な枕を購入する必要はありません。

・いつでも洗えるので、いつでも清潔

枕というのは定期的に洗っていたとしても、かなり汚れているものです。
汗をかいたり、頭や首の脂がついていたり、よだれだったり・・・。
タオルなら、ご存知の通り、ザブザブ洗って太陽の下ですぐに乾きます。
アレルギー持ちのかたも、タオルの枕に変えたら改善されたそうです。

・寝返りを打つとき、枕が低ければ臨機応変に折ったりまるめたりできる

原型が「タオル」ですから、いろんな形に変化させることができます。
だから、寝返りを打った時にちょうどいい高さの枕がそこにあるのです。

 

まとめ

タオルの枕は、タオルががあれば簡単に試すことができます。
一度だまされたと思って今晩にでも試してみてください。

夜の10時から2時の間は「成長ホルモン」が盛んに分泌される大事な時間です。
だから、子供たちがその時間帯に布団に入っているのが理想とよく言われます。

大人でもいまだに「成長ホルモン」が分泌していますが、大人の場合、その「成長ホルモン」は体の修復をするのに使われています。

そのため、できるだけ良質な睡眠を確保できるように心がけたいですね。

スポンサード リンク




 







-健康関連
-

執筆者:


  1. […] ベンダーなど「心を落ち着けてくれる香り」を使う ・お風呂でゆっくり温まったあと、すぐに布団に入る ・快眠枕を使ったり ・よく眠れる音楽を聞いたり ・難しい本を読んだり(笑) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

40代の「疲れやすい」を改善

40代の「疲れやすい」を改善方法はこの3つ!

40代になって ・疲れが取れなくなった ・朝、体が重たくて起きるのがつらい ・ちょっと動いただけで息が上がる といったことを経験していませんか? 20代・30代の頃は、早めに寝たり、栄養ドリンクを飲ん …

エコノミークラス症候群を予防する体操は?

エコノミークラス症候群を予防する体操・運動・グッズは?

エコノミークラス症候群になりやすい人は、 ・窓側の席でトイレに立たない人 ・糖尿病がある人 ・妊娠している人 ・避妊薬を服用している人 ・血栓ができやすい人 と言われています。 症状を訴える人は5,0 …

一人暮らしの冷凍節約、野菜

40代は必見!太らない食べ方!

  40年代になると、若いころとと同じ量を食べているのに「なぜか太る」とか、いくら食事制限をしても「やせない」ということがよくあります。 40代の体は、20代30代のころとは違うので、昔のよ …

ぎっくり腰はいつまで続く?

ぎっくり腰はいつまで続くの?座り方や姿勢はどうしたらいい?

ぎっくり腰は、重症の人だと数日間は何もできなくなってしまい、痛みが引いて通常の生活に戻るまでに10日ぐらいかかる人もいます。 私の知り合いはどうしても仕事を休めなかったので1か月ぐらい痛みを我慢して通 …

40代の体力づくり

体力の衰えを感じる「40代女性」の体力づくりのコツ!

40代の体力は、20代30代のころから比べると衰えてくるのは仕方がありません。 その中での24時間体制での子育てをするとなると余計に体力を消耗します。 特にお子さんがまだ小さい時期だと、あなたも出産か …