Nothing really matters

気になることを色々と、すこしずつ。

日傘、使い分けてますか?遮熱、遮光、UVカットはちょっと違う!

   

日傘UVカットと遮光の違いって?

日差しが強くなると、日傘が活躍する回数が増えてきます。
帽子もいいですが、ヘアスタイルが気になるなら日傘がおすすめです。

最近の日傘は「遮光」「遮熱」「UVカット」といった機能を備えています。
日焼けを防いでくれたり、涼しさをもたらしてくれたり・・・。

そのため、あなたが日傘を使う目的に合わせて機能を選ぶ必要があります。
あなたはどんな機能が必要ですか?

スポンサーリンク

 

あなたの日傘の機能はUVカット?遮光100%?

日傘を使うということは、あなたも「日焼け対策」を目的としていますよね?
それだったら、「UVカット」機能がついている日傘がおすすめです。

日傘の説明に「遮光率○○%」「UVカット」などと表示されてていることがありますが、「遮光率」と「UVカット」の機能は違います。

「遮光」は光を通さないということです。
カーテンによく使われていますよね。

紫外線を防ぎたい、日焼け対策をしたいなら「UVカット」を選びましょう。
春先から初夏では「UVカット」を重視した日傘、夏には「UVカット」と「遮光または遮熱」機能がある日傘がお勧めです。

「2本も持つの?」
ってあなたはおっしゃるかもしれませんが、日差しや紫外線の強さ、気温の違いで日傘を使い分けるのは理にかなっています。

それに、日傘は太陽の光にさらされて日焼けしたリ色褪せたりします。
遮光、遮熱、UVカットの効果も永遠に続くものではありません。

 

日傘の体験談:おしゃれな完全遮光タイプを通販で購入

現在愛用しているのは、ノーブランドの晴雨兼用の折り畳み日傘です。
折り畳みの日傘はどこか「間に合わせ」のようなお手軽感が出てしまうので、どんな服に合わせてもおかしくないようなものを選びました。
そこで、通販サイトで人気のもの、白地にネイビーの横ストライプが全体に入っているものを選びました。

持ち手の色がネイビーなので、パッと見て日傘には見えません。
この日傘は3年目くらい使っていますが、最近、紫外線吸収の効果がなくなってきているのではと感じています。
日光をずっと浴びていますし、定期的な買い替えが必要だと思います。

この傘はかなりの回数を使っています。
特に、天候が不安定なとき、雨上がりの日差しがきついときに重宝しています。

見た目が爽やかなので、夏にはぴったりだと思います。
また、傘の柄だけが目立つこともないので通勤の時も使えます。
持ち手の部分はやや大きめなので、楽に腕に引っかけることができます。

おわりに

最近は、男性も日傘をさす人が増えているので、「日傘イコールおばさん」というイメージが薄れてきてますね。

オシャレな日傘を選べば、通勤でも近所のコンビニで買い物でも違和感がありません。
日焼け対策ができる日傘もあるし、遮熱効果で涼しい気分にしてくれるものもあります。
購入するならおしゃれな一本を選んでくださいね。

スポンサーリンク