Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

飛行機で携帯を使ってはいけない理由って?

投稿日:2016年1月26日 更新日:

飛行機でスマホはOK?

飛行機に乗ったら、通信機能がついている機械は「電源を切る」か「飛行機モード」にする必要があります。

タブレットやラップトップにも通信機能があるので、同様に「飛行機モード」にする必要があります。
これはどいう言った理由からなのでしょうか?

飛行機が運行するためには、地上から送られてくる電波を受信する必要があります。
電波を受信できない、とか、受信が妨害されたなどということになると、運行上大変危険ですよね?

高い空の上で迷子になったり、事故を起こしてしまっては大変です。
こんなに小さい携帯電話でも、大きな機体である飛行機が受信する電波を邪魔してしまう可能性があるんです。

それを守らなかったために、逮捕されたり、ほかの乗客に迷惑をかけてしまうことがあります。

スポンサード リンク




 

これまでにどんな事件があったか?

2007年に国内線で、再三の注意にもかかわらず携帯電話の電源を切ることを拒否し続けた男性がいました。その男性を降ろすため、飛行機はやむなく滑走路から引き返しました。結局、この男性を空港で降ろした後、その飛行機は30分遅れて離陸することになりました。
この男性は数か月後に逮捕されました。

その前の年の2006年は、また国内線で、離陸時にメールを打っていた男性がいました。電源を切るように注意されたことに逆上した男性を説き伏せるため、約1時間も離陸が遅れました。この男性は、飛行機を降りるように言われると態度を軟化させました。でも、他の乗客の足を止めてしまいました。

 

ルールは守ってスマートに旅をすべき

確かに、「電源をうっかり切り忘れてしまった」という人もいるでしょうし、「本当は電源を切らなくても大丈夫なんじゃないか」などどわざと切らない人もいるかもしれません。。

キャビンアテンダントたちの目を盗んで、こそこそと隠れてテキストやメールを送る人も少なからずいるはずです。
さらには「飛行機に乗るときはいつも携帯の電源を切らない」などと武勇伝のように自慢する人もいます。

それでも飛行機は無事に運行するかもしれません。

でも、故意にルールを守らないという人たちは、どのような飛行機のトラブルが起こりうるか、自分がほかの乗客にどのような迷惑をかけてしまうのかといった想像力に欠けているといってもいいでしょう。
自分の都合だけしか考えられない、とても浅はかな人たちといってもいいでしょう。
他の乗客に迷惑をかけてしまった場合、飛行機の計器に乱れが生じさせた場合、とても償いができるとは思えません。

 

おわりに

飛行機で移動をするなら、ルールを守ってスマートに旅をしたいものです。
スマホの電源が切れないぐらいで、飛行機の運行を邪魔して、他の乗客へ迷惑をかけ、さらに逮捕なんてことになったら、かっこ悪いですよね。

スポンサード リンク




 







-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

預け入れ荷物、液体はNG?

飛行機の預け荷物に液体はNG?段ボールは預けられる?

空港のカウンターで預ける荷物(スーツケースなど)の中にはシャンプー、香水、化粧水、お酒のような「液体」を入れても大丈夫です。 スーツケースに液体を詰める際には、中身がこぼれたり、容器が割れたりした場合 …

パスポートホルダー

旅行を100%楽しくするおすすめの「パスポートホルダー」

事務的で無機質なデザインのパスポートは、おしゃれなカバーをかけるだけで変身してくれます。 それに旅行をするのも楽しくなります。 でも、出国審査のときには「パスポートからカバーを外して提示してください」 …

ママ友の妬みや嫉妬

これが時差ボケの症状!帰国後の簡単な解消法・治し方

海外から戻って、「体の調子が違う」「眠れない」といった症状に悩まされていませんか? この症状はまさに「時差ボケ」です。 時差ボケにはいろいろな症状があります。 そして人によって種類も程度もさまざまです …

英語の機内アナウンス、セリフは?

空港で手荷物は預けない?手荷物だけのメリット・デメリットは?

まず、「手荷物」は空港のチェックインカウンターでは預けません。 これは「機内持ち込み」の「手荷物」になるので、あなたが飛行機の中に一緒に持っていきます。 国内線でも、国際線でも空港で手荷物だけで旅行に …

英語の機内アナウンス、セリフは?

飛行機の乗り方。国際線に乗るまでの手順って?

「初めての海外旅行」というのは期待に満ち溢れてとてもワクワクしますよね? でも同時に、生まれて初めて日本の外に出るということにちょっとした不安も感じているのではないでしょうか。 今や、多くの人が経験し …