Nothing really matters

気になることを色々と、すこしずつ。

結婚祝いの贈り物で「グラス」はタブー?どのプレゼントがNG?

      2016/06/08

NGな結婚プレゼント

せっかく結婚のお祝いにプレゼントを贈るのだから、喜んでもらいたいですよね。

「知らずに結婚祝いの贈り物としてタブーなアイテムを贈ってしまった!

なんてことがないように、タブーアイテムをあらかじめチェックしておくのがおすすめです。

結婚祝いで避けた方がよいアイテム、おすすめの贈り物、いつまでに贈るのがベストかといったことをご紹介します。

スポンサーリンク

 

結婚祝いで避けた方がよいプレゼント

避けるべきアイテムは、「切れる」「割れる」「壊れる」を連想させる「刃物類」や「ガラス製品または陶器類」です。
これらのアイテムは昔から「縁起が良くない」ということで、結婚祝いの贈り物としてはNGです。

でも、最近では、おしゃれなペアのグラスや、センスの良い陶器類があるので、本人たちが希望するなら送ってしまっても大丈夫です。

もう一つ気をつけたいのは、「結婚のお祝い」だからといって、新郎新婦の好みでないものを贈ってしまうことです。
特に、フォトフレーム、鏡、置物、置時計、花瓶といったものは、好みに合わなければ飾りたくもないし、処分にも困るので注意が必要です。

 

何を贈ったらいいか分からないときのおすすめ

何を贈ったらいいか分からないときに検討してみてください。

おすすめ1:本人に直接聞く

あなたにとっても新郎新婦にとってもいいのは、本人たちに何が欲しいが聞いてしまうことです。

贈る側が「欲しいだろう」とお祝いを選んでも、当の本人はそれを既に持っていたり、実はあまり欲しくなかったということはよくあることです。

聞き方としては、「コーヒーセットはどれがいい?」では漠然としすぎるので、何点か候補を挙げるのがいいです。
それなら、あなたの考えている予算内に収まりますし、新郎新婦にも選択の余地がありますよね。

おすすめ2:カタログギフト

本人に聞くのが一番手っ取り早いですが、新郎新婦は式の前は準備で忙しいものです。
他の人からもお祝いが届いているでしょうから、何が欲しいか分からないこともあります。

そこでカタログギフトを贈ってあげれば、新婚旅行から帰ってきて、実際に新生活を始めると必要なものが出てくるはず。
その時にゆっくり決めてもらうというのもいいですよね。

 

結婚祝いはいつまでに贈る?

結婚祝いを贈るタイミングは、「結婚祝いの招待状を受け取った後から結婚式の1週間前あたり」の間です。

くれぐれも、プレゼントを結婚式の当日に式場で渡すのは避けましょう。
新郎新婦は、衣装の小道具や花束などで荷物がいっぱいなので迷惑になるからです。

基本的に、披露宴に出席するならお祝いは御祝儀だけで大丈夫です。

それでもプレゼントを贈るのは、

・ご祝儀とは別に贈り物をしたいとき
・結婚式に欠席することになってしまったとき
・結婚したことを知らなかったとき

といった場合です。

贈りものは、デパートやショップから直接送っても失礼には当たりません。
その場合は、短くてもいいので一言、お祝いのメッセージを添えておきましょう。

 

おわりに

結婚祝いに食器セットを選ぶなら、「4」や「6」といった割り切れる数や、「死」連想させる「4」と「9」といった数は避けます。
縁起が良いのは、「奇数」、ペアを意味する「2」、末広がりの「8」です。
食器セットの場合、たいてい1セット5客なのであまり心配することはないですね。

スポンサーリンク