Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

一人旅 海外旅行

海外旅行一人旅の体験談「オーストラリア」行ってみたくなります!

投稿日:2016年3月22日 更新日:

海外旅行一人旅の体験談

オーストラリアをひとりで旅行してみようと考えていますか?

オーストラリアでの見どころは・・・
コアラ、スリーシスターズ、ハーバードブリッジ、オペラハウス、エアーズロック、パロネラパーク、グレートバリアリーフ・・・等々。

一人旅をしてみると「行動力がついた」「自分に自信がついた」「新しい自分を発見した」という方が多いです。”
オーストラリアを一人で周遊した方の体験談をご紹介します。

スポンサード リンク




 

オーストラリア一人旅体験談:臨機応変だからたくさんのチャンスが

数年前に、オーストラリア周遊一人旅をしました。

ブリスベンを出発して、シドニー、首都キャンベラ、メルボルン、パース、ダーウィン、アリス・スプリングス、ケアンズをまわりました。

旅行にするにあたり、英語の勉強が必要だと思ったので、日本にいる間にブリスベンの1か月のホームステイと語学学校を手配しておきました。

航空券は、日本⇒香港経由⇒ブリスベンの片道航空券だけを手配しました。

ホームステイ先でブラジル出身の写真家を目指していた女性と仲良くなりました。
語学学校を終了してから、その彼女とゴールドコーストで2か月一緒にシェアハウスに住みました。

それから、当初の計画だったオーストラリア周遊一人旅に出発しました。

アデレードからパースまで列車で移動しているとき、インド出身のご夫婦と仲良くなった縁で、夫妻のお宅を訪ねることになりました。
そこで海亀の産卵を見たり、日本からやってきた鉄鋼船の船内見学したりしました。

パースからダーウィンへのは、モンキーマイアという地でキャンピングカー生活をしました。
そこでは、青く澄んだ海でイルカと一緒に泳ぐ体験をしました。

またケアンズでは、日本からやってきた某ウェディング会社のスタッフと知り合いになりました。
彼らは、ガーデニング・ウェディングのパンフレットを製作しており、私がウェディングドレスを着てモデル参加することになりました。

一人旅のいいところは、計画的な旅行から行き当たりばったりの思いつき旅行まで、すべて自分のペースで進めることができるところだと思います。

旅先で現地の人たちと仲良くなって、もともとの旅のプランを変更することも自由自在です。
臨機応変に変更したとき、色々な体験ができるチャンスがたくさん潜んでいます。

一人旅を計画し、そしてやり遂げた達成感を味わうと、自然と自信もつきます。

今回は海を存分に満喫したので、次回一人旅をするなら山を楽しめるカナダの横断旅行を計画したいと思います。

 

おわりに

オーストラリアは治安がよいし、たくさんの観光スポットがあるので、日本人観光客にもいつも人気です。

手つかずの大自然、息をのむほど美しい海、それから動物好きなら見逃せないコアラと、1回の旅行では足りないほど見るもの、体験するものがたくさんです。

スポンサード リンク




 







-一人旅, 海外旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外旅行で電車に乗る

一人旅の体験談「岩手」人と触れ合えるのは一人だから

一人旅をすると、自信がついたり、自分の人生を見つめ直したり、人の温かさに触れたりといった経験をすることが多いです。 行ってみたいところがあるならもちろんのこと、一人になって考えてみたい、一人の時間が欲 …

ホテルのフロント

ホテルでのトラブルに英語でクレーム「ちゃんと説明して!」

海外のホテルでは意思の疎通がうまくいかないせいか、こちらが考えているようなサービスを受けられないこともあります。 文化の違いと考えればあきらめもつきますが、支払いのような大切なことに関するトラブルはは …

海外一人旅体験談(カナダ)

海外旅行一人旅の体験談「カナダ」ナイアガラが見たくなるかも?

カナダに行くならナイアガラの滝は是非見ておきたいですね。 バンフ国立公園、CNタワー、スタンレー公園、オンタリオ美術館、オンタリオ湖など、美しい見どころがたくさんです。 空気も美味しいし、雄大な景色に …

海外ひとり旅体験談

海外ひとり旅体験談「インドネシア」自分はどんな人間なのか発見

インドネシアへの一人旅に興味がありますか? インドネシアは、スマトラ島、ジャワ島、バリ島といった島々からなる国で、たくさんの民族がそれぞれの文化で暮らしています。 美しい自然が豊かな国で身も心も癒して …

機内食はいりません。毛布をください。

機内での英語「機内食はいりません・不要です・後でください・おかわりを!」

長いフライトになると座りっぱなしなのでお腹があまり空きません。 それでも時間になると食事が運ばれてきます。 「さっき食べたばかりなのに、また食事?!」 なんてこともよくあります。 時差があったり、疲れ …