Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

一人旅 海外旅行

海外ひとり旅体験談「インドネシア」自分はどんな人間なのか発見

投稿日:2016年3月26日 更新日:

海外ひとり旅体験談

インドネシアへの一人旅に興味がありますか?

インドネシアは、スマトラ島、ジャワ島、バリ島といった島々からなる国で、たくさんの民族がそれぞれの文化で暮らしています。

美しい自然が豊かな国で身も心も癒してみませんか?

インドネシアの一人旅をゆっくりと楽しんだ方の体験談をご紹介します。

あなたの旅の参考にしてみてください。

スポンサード リンク




 

海外ひとり旅の体験談(インドネシア):自分自身を静観できた

インドネシアに旅行をしました。

日本国内の代理店を通して手配したものは以下です。

・日本とインドネシア(ジャワ島とバリ島)の往復航空券
・ジャワ島からバリ島へ渡るための航空券
・空港から一泊目のホテルまでの送迎
・一泊目のホテル

2泊目からの宿は現地に着いてから旅程を立てました。
現地で観光ガイドを入手して、民宿などを見つけて直接出向いたり、電話をしたりして予約しました。

その中で、現地ガイドさんから紹介されたお宅に一週間ほどお世話になることになりました。
そのお宅では、日本語学校へ通う娘さんがいました。
将来は日本語のツアーガイドを目指しているたので練習をさせて欲しいと頼まれたのです。

そんなことから、現地の人たちが集まるレストランで食事をしたり、近所にあった大学の卒業式に出席をしたりと普通のツアーに参加していたらできないようなことを体験しました。
もちろん、観光スポットの大きな遺跡へも足を運びました。

この旅をしてみて思ったことは、インドネシアでの人々の生活が日本とはまるで違っていたので視野が広くったことです。
物の少ないシンプルな生活をしている人々が自然に感謝をしながら暮らしている様子は、今の日本ではなかなか見ることのできない光景でした。

世界各地で色々な人が暮らしているんだということ、人と人との関係にも様々な形があるということを考えさせられました。
まだ川で入浴をしている人たちも大勢いたり、トイレが水洗ではないことも多く不便な生活であるからこそ、人生に深みといえるような何かがそこにあると感じました。

一人旅は、自分だけの感性で旅ができると思います。
友達や家族と感性をシェアする旅も素敵ですが、一人旅には自分自身が決める、感じることができます。
それは大きな満足感をもたらしてくれます。

そして、自分自身がどういう人間なのかということにも気づかされることがよくあります。
何かあったときに自分がどういう反応をするのか、どういった対処ができるのかということを発見することができます。

これまで外国は色々見て回ったので、今度は日本国内をじっくり旅するのもいいかなと思っています。

スポンサード リンク




 







-一人旅, 海外旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一人旅の体験談

国内一人旅の体験談「有馬温泉」「京都」真似したくなるかも?!

一人旅は一人で行動するからこそ、現地の人とコミュニケーションをする機会が多いです。 こちらから道を尋ねるといったコミュニケーションだけではありません。 一人でいると話しかけやすいのか「写真を撮ってくだ …

英語で苦情「利用できなくてがっかり」

英語でホテルに文句をいう「利用できなくてがっかり」

せっかく海外旅行に行ったのに、目当てにしていたことができなくてがっかりした場合、我慢しないでホテルのフロントに話してみましょう。 もしかしたら似たようなサービスを教えてもらえるかもしれません。 もしく …

海外ひとり旅体験談

海外一人旅の体験談「シンガポール」一人だから濃密な旅ができる!

シンガポールへの一人旅を考えていますか? 異国の情緒を味わえるシンガポールは、日本から数時間のフライトで行くことができます。 アラブストリート、マーラインオンパーク、オーチャードロード、サルタンモスク …

英語で「鍵をなくした」

ホテルで使える英語「パスコード/鍵」をなくした。部屋番号を忘れた!

海外旅行は普段の生活と違うリズムで過ごします。 そのため、何かをなくしたり、忘れたりといったハプニングもよく起こります。 もし部屋の鍵をなくしてしまったら?といった英文のサンプルをご紹介します。 スポ …

結婚式に遅刻、ご祝儀はどうする?

ホテルに英語でクレーム・文句の例文「請求書が間違っている」

海外旅行先のホテルで請求書の金額が間違っているとき、言いたくはないけれど苦情を申し立てなくてはならないことがあります。 海外では日本のように「言わなくても分かってくれる」という慣習はありません。 その …