Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

一人旅 海外旅行

海外一人旅の体験談「シンガポール」一人だから濃密な旅ができる!

投稿日:2016年3月26日 更新日:

海外ひとり旅体験談

シンガポールへの一人旅を考えていますか?

異国の情緒を味わえるシンガポールは、日本から数時間のフライトで行くことができます。

アラブストリート、マーラインオンパーク、オーチャードロード、サルタンモスク、ユニバーサルスタジオ、リトルインディア、サンズ・スカイパーク、ガーデンズ・バイ・ザ ・ベイ、ナイトサファリ・・・などなど、観光する場所もたくさんあるので、退屈しないはずです。

シンガポールの一人旅を1週間かけてゆっくりと楽しんだ方の体験談をご紹介します。

あなたの旅の参考にしてみてください。

スポンサード リンク




 

海外ひとり旅の体験談(シンガポール):一人だからできる密度の高い旅

去年の春にシンガポールに一週間一人旅に行きました。

飛行機のチケット、ホテル共にインターネットを使って自分で手配しました。
なぜ一人旅の行先をシンガポールにしたのかというと、以前、会社の出張で訪れたことがあったからです。

その時は残念ながら仕事が忙しすぎて、ゆっくり街歩きをする時間が取れませんでした。
でも、異国情緒があふれるとても面白い国だと感じていました。
だから、時間を作ってゆっくり訪れたいと思っていたのです。

その一人旅のテーマは「異文化をゆっくり味わう」ことでした。
ですから、リトルインディア、アラブストリート、チャイナタウンを1週間かけてゆっくり歩いて周りました。

中でも特に印象的だったのが、アラブストリートにあるサルタンモスクです。
イスラム寺院ですが、何ともいえない荘厳な雰囲気でした。

中も見学させてもらいましたが独特の建築でとても印象に残っています。
もう一つはリトルインディアでアンティークの置物を購入したことです。
とても良いお土産になりました。

リトルインディアのレストランで、何度か食事をしました。
当たり前ですがインドの方々は食器ではなく右手を使って食事をされていました。

私もやってみようと思い、見よう見真似で挑戦してみました。
思ったより難しく、うまく食べられませんでした。
そんな私を見ていた近くの席のインド人のおじさんがすごく笑ってくれて、ジェスチャーで食べ方を教えてくれました。
それでもうまくは食べられませんでしたが、私にとって特別な体験になりました。

一人旅のいい点は、自分の好きな時に好きなところへ行くことができて、そして好きなものを食べられる自由さです。
人と一緒だと、どうしても事前に予定を立てたり、お互いの行きたいところやしたいことを調整したりということが避けられません。

その点、一人ならすべて好きなように決めることが出来ます。
旅行中、気に入った場所があれば、何度でも戻ることができます。
だから、私は一人旅こそ濃密な旅ができると思っています。

スポンサード リンク




 







-一人旅, 海外旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ホテルに英語で問い合わせ

海外旅行で忘れ物「英語メールで問い合わせ」ホテル・飛行機・レストラン

海外旅行での忘れ物ってけっこう多いそうです。 普段とは生活のリズムが変わるため「持ったつもりで持っていなかったり」ということがあるのでしょうね。 普段とは違うからこそ身も心もリフレッシュできていいので …

ホテルへの英文リクエスト

英語でホテルにリクエスト「高層階・上層階が希望です」

海外旅行先のホテルは予約できたけれど、 「オーシャンビュー」や「シティビュー」をお願いできないだろうか? と考えたことはありませんか? ホテルでチェックインするときに頼んでみるのも1つです。 でも「空 …

スーツケース 海外旅行 選び方

飛行機に持ち込み可能なスーツケースのサイズは何?

海外旅行では、空港内を移動する時間がけっこうあります。 手荷物検査を受けたり、出入国をしたり、飛行機を待ったり、乗り換えのための移動をしたり・・・。 その度に荷物を「よいしょ」と持ち上げて抱えて歩くの …

英語で「ツアーを申し込みたい」

英語で「ツアーに申し込みたい」「予約する」「参加したい」ってどう言う?

海外旅行に出かけたなら、参加してみたい現地のツアー。 現地の見どころをもれなく回ってくれたり、現地でしかできない体験を楽しむことができます。 旅行先で参加してみたいツアーがあったときの英文のサンプルを …

イギリスアマゾンの注意点

海外旅行の「コンセント」はロンドン、フランス、カナダ、オーストラリアで違う!

海外旅行に行くなら、事前にチェックしておきたい「コンセント」。 スマホやデジタルカメラ、、ラップトップなど常に充電しなければいけないものや、ドライヤーやヘアアイロン、シェーバーなど使い慣れている電化製 …