Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

海外旅行 飛行機に乗る

海外旅行、飛行機の子供料金って何歳まで?中学生は?

投稿日:2016年3月12日 更新日:

海外旅行の子供料金は何歳まで?

「お子さんが子供料金のうちに海外旅行に行っておきたい」

と考えている家庭も多いはずです。

海外旅行の場合、「12歳未満」までが子供料金になります。

「大人料金」になると家計に響いてきますよね。

お子さんの年齢が上がれば、それだけ学校とのスケジュール調整も難しくなるし、ホリデーシーズンは旅費がさらに高くなります。

厳密にいうと、子供料金には2種類あるのをご存知ですか?

スポンサード リンク




 

飛行機の子供料金が適用される年齢はいつまで?

厳密にいうと、子供料金には2種類あって、

・幼児料金(0~2歳未満)
・小児料金(2~12歳未満)

になっています。

2歳から適用される「小児料金」が使えるのは「12歳」になる前までです。

国際便の料金の区別は「年齢のみ」で分けています。
そのため、

・12歳の誕生日を迎えるまでが「子供料金」
・12歳になったら「大人料金」です。

小学生・中学生の区別はありません。

 

中学生は海外旅行が子供料金になる?

それを踏まえると、中学生は全員12歳になっているため全員「大人料金」になってしまいます。

「大人料金になると旅費も高くつく。だから海外旅行へ出かけるのはなるべく控えよう」

と検討するご家族もいるかと思います。

「だから小学校のうちに海外旅行に行っておこう」

と思われるんですよね。

どちらにしても中学生ぐらいになると、大人といるよりも友達と過ごす時間の方が多くなったり、部活が忙しくなったりするお子さんもいます。

勉強が忙しいかもしれません。

でも、何かを体験したときの感動は小学校時代のそれとは違っているはずです。
中学生にもなると「家族の旅行なんてウザイ」と感じるかもしれませんが、それはそれで貴重な体験になるはずです。

私の娘もバリバリの思春期中です。
大人のすることはすべてダサいと思っているフシがあります。

でも思春期だからこそ朝焼けの海に感動したり、レストランの窓辺から夕暮れをみとれたり、迫力のある火山口におののいたりといったことができます。

 

おわりに

子供が赤ちゃんの頃からよく飛行機で移動をしたり旅行したりしています。

子供の年齢が上がる度に「料金が上がる」とため息をついたものですが、彼らが大きくなればそれはそれで楽しいこともたくさんあります。

今は荷物持ちをしてくれるのでとても助かっています。

スポンサード リンク




 







-海外旅行, 飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外旅行、安全に街歩き

海外旅行、あなたのショルダーバッグで安全に街歩きできる?

あなたが海外旅行で街歩きをするときのバッグはどんなバッグですか? オシャレ、可愛い、たくさん入る・・・などの好みがあるかと思いますが、防犯面ではどれぐらい安心できますか? 海外には、観光客を狙った犯罪 …

英語で苦情「シャワーが出ない」

海外ホテル、英語で苦情を言いたい!鍵がかからない。お湯が出ない。

やっとたどり着いた海外ホテルの部屋で「鍵がかからない」とか「シャワーが壊れて使えない」なんてことになるとちょっとテンションが下がってしまいますよね。 でも、言わないと放っておかれてしまいます。 宿泊料 …

帰国後の時差ぼけ、眠れない

帰国後、時差ぼけで眠れないときの6つの解消法

海外から帰ってきてから悩まされる時差ぼけ、つらいですよね。 明日には仕事があるので寝ておきたい、 生活のリズムを取り戻したいので夜は寝ておきたい でも眠れない・・・! それはもう不快でしかありません。 …

預け入れ荷物、液体はNG?

飛行機の預け荷物に液体はNG?段ボールは預けられる?

空港のカウンターで預ける荷物(スーツケースなど)の中にはシャンプー、香水、化粧水、お酒のような「液体」を入れても大丈夫です。 スーツケースに液体を詰める際には、中身がこぼれたり、容器が割れたりした場合 …

ヨーロッパ一人旅体験談

海外旅行一人旅の体験談「ドイツ」「イタリア」行ってみませんか?

最近の海外旅行の人気の行先は「アジア」と「ヨーロッパ」。 特にヨーロッパは、治安も悪くないし、食べ物も特色があって美味しいので過ごしやすい所が多いです。 歴史や文化も豊かなので、大人の知的好奇心を存分 …