Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

お祝い

1000円~3000円の出産祝いにお返しは不要?

投稿日:2016年2月4日 更新日:

出産内祝い

・お返しはいらないってい言われたんだけどどうしよう?
・1000円程度のお返しだったんだけど、500円のものを返すの?
・ちょっとした出産祝いだったんだけど、お返しは不要?

色々な出産祝いをいただくと、お返しの品物を考えるときに必ずこういった疑問がわくものです。

通常ですと、いただいたお祝いの3分の1~2分の1程度で「出産内祝い」を準備します。
でも、値段がそんなにしない、ちょっとしたお祝いだった場合はどうしたらいいのでしょうか?

スポンサード リンク




 

気持ち程度の出産祝いにのお返しは不要?

あなたの出産をお祝いしてくれる気持ちに高いも安いもありません。
祝ってくれるだけであなたも嬉しいはずですし「金額に当てはめよう」なんてしたくはないですよね。

お祝いをくれた人は、あなたがお返しの心配をしなくて済むように簡単なものをくれたのかもしれません。もしくは、お返しは期待せずに、ただちょっとしたお祝いをしたかっただけなのかもしれません。

でも本来、出産内祝いをお渡しするのが礼儀です。
出産というお祝いごとなので「おすそ分けさせてください」という意味なんですね。
そのため、ちょっとしたお祝いでも何か返すのが基本です。

通常はいただいたお祝いの3分の1~2分の1程度というのが相場です。
そのため、1000円ぐらいのお祝いなら「500円」のお返しで十分です。

500円程度でも「プチギフト」として、タオルセット、石鹸セット、お菓子などあなたがそうぞうしているよりもたくさんの種類があります。
熨斗(のし)も頼めばかけてくれます。

 

「お返しはいらない」と言われたら?

しかし、友人同士で「出産祝い」を贈りあうことで「お返しはなし」というルールになってりるのなら、あえてお返しはせずに、それに従った方がいいです。
あなただけ「礼儀だから」とお返しをしてしまっては、グループ内がぎくしゃくするだけです。

友人じゃなくても「お返しはいらないから」と気を使ってくれる人もいますよね。
それでもお返しを渡して気まずくなるのが明らかなら、渡さなくてもいいでしょう。

でも、基本的に出産内祝いは贈るのが礼儀です。
「お祝いごとなので」と一言付け加えて気軽に受け取ってもらえるような品物を選ぶのがおすすめです。

 

おわりに

職場だとすでに先例があることが多いので、周りと同じようにするのが無難です。
面倒なのは個別に対応しなくてはならない友人・知人・親戚ですね。

お返しを「する」「しない」は、そこにある人間関係の度合いで決めた方がいい場合もあります。
お返しをすることで気まずくなるなら、お家に招待しておもてなしをしたり、お土産やお持たせといった別の機会で何かを渡すというのも1つの手です。

スポンサード リンク




 







-お祝い
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NGな結婚プレゼント

結婚祝いの贈り物で「グラス」はタブー?どのプレゼントがNG?

せっかく結婚のお祝いにプレゼントを贈るのだから、喜んでもらいたいですよね。 「知らずに結婚祝いの贈り物としてタブーなアイテムを贈ってしまった! なんてことがないように、タブーアイテムをあらかじめチェッ …

出産祝いは何がいい?

ママも嬉しかった出産祝いって何?

出産祝いはベビー用品がメインですが、ママも嬉しくなるようなプレゼントを選べるとベターですね。 出産は大仕事です。 それに育児も大変です。 だから少しでも楽しく育児ができるように素敵なものを贈りましょう …

退職祝いはちょう結び?結び切り?

出産祝いお返しのマナーや相場は?あげて喜ばれるものは何がいい?

その昔、出産は女性にっとて命がけのイベントでした。 無事に赤ちゃんが生まれると、家に人を呼んでお披露目をしたり、おすそ分けを近所へ配って赤ちゃんの誕生を知らせたものです。 本来それが「出産内祝い」なの …

二人目の出産祝い女の子

二人目の女の子の出産祝いで嬉しかったものって何?

女の子の出産祝いのプレゼントって何が喜ばれているのでしょうか? 正直なところ、毎日実際に使う「現金」や「オムツ数パック」なら外れなしで喜ばれますが、それではちょっと味気がありませんよね。 せっかくのプ …

帯祝ののしの表書き、相場の金額は?

帯祝はいつする?のし、表書き、相場の金額はいくら?

昔は今ほど医療が整っていなかったため、女性にとって「お産」は命がけのイベントでした。 少しでもトラブルが起きれば命を落とす可能性がありました。 そこで、安定期の妊娠五ヶ月に入ると、「帯祝い」という懐妊 …