Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

健康関連 飛行機に乗る

エコノミークラス症候群を予防する体操・運動・グッズは?

投稿日:

エコノミークラス症候群を予防する体操は?

エコノミークラス症候群になりやすい人は、

・窓側の席でトイレに立たない人
・糖尿病がある人
・妊娠している人
・避妊薬を服用している人
・血栓ができやすい人

と言われています。

症状を訴える人は5,000~6,000人に1人の割合と少ないです。
だからといって楽観せずに、長時間のフライトに乗り込むなら、各個人で意識しておく必要があります。

スポンサード リンク

 

エコノミークラス症候群の予防薬はアスピリン?

エコノミークラス症候群は、治療が必要な場合に投薬されますが、予防が目的の薬はありません。

「アスピリン」がいいという意見もあります。
「低用量アスピリン療法」という治療法があることから、血栓を溶かすのによいと考えられています。
でも、あまり期待しない方がいいでしょう。

なぜなら、エコノミークラス症候群は機内の気圧や乾燥した空気も影響していると考えられているからです。

それよりも、

・2時間おきに席を立つ
・同じ姿勢を長時間続けない
・席についている間も意識的に足を伸ばしたり揉んだりする
・水分をこまめに補給する

といった対策の方が体のためにもいいです。

 

エコノミークラス症候群を予防するグッズって?

エコノミークラス症候群を予防するためのグッズがたくさんあるので、試してみてください。

フライトソックス・変圧機能ソックス
むくみを防止してくれる美容面でのメリットだけでなく、血栓ができるのを防止するのにも役に立ちます。
帰国してからも普段使いできるものがおすすめです。
携帯スリッパ
フライト中は靴を抜いてスリッパに履き替えましょう。
足もリラックスするしストレッチやエクササイズがしやすいです。
そのままトイレへ行くこともできます。
ビタミンC
血液の抗酸化に役立ちます。
フットレスト
足を高い位置でキープできます。
足や腰の負担を軽減してくれます。
セルローラー
コロコロ転がしてマッサージをするものです。
100均で購入できるもので十分です。
席についているとき、足の裏からふくらはぎのマッサージをしましょう。
指靴下
足の指のエクササイズをするのに便利です。

 

席に着いたままできる予防体操・運動

席に着いたままできる運動はたくさんあります。

・足を組んでひざ下をもむ
・つま先をくるくる回す
・つま先を上げ下げ、かかとを上げ下げ
・足全体をストレッチする
・腰をひねったり、手をぶらぶらさせる
・上半身をストレッチ
・肩を回したり、首を回したり

キャビンアテンダントは飲み物を配りに回ってきます。
その時は、どんどんもらって水分補給をしましょう。

水分を補給することで血液を固まりにくくする作用があります。

 

おわりに

深い呼吸をすることも血の流れをよくするのに役立ってくれます。
そのためにはリラックスするのが1番です。

またフライト中に不自然な姿勢でずっと寝るということも避けた方がいいです。
そのため、睡眠薬やお酒を飲むことは控えましょう。

きつい靴や服も血流を悪くさせる原因になります。

あなたの席が窓側なら、通路側の席の人にに動いてもらってトイレに行きましょう。遠慮はいりません。

スポンサード リンク

 

-健康関連, 飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヨーロッパへ海外旅行

ヨーロッパへ旅行!時差ボケ対策はOKですか?防止するならコレ

ヨーロッパ旅行が決まっていますか? 時差ぼけしやすいのは「東回り」とかいいますが、西回りでも南回りでも時差ぼけする人はしますし、大丈夫な人はケロッとしています。 時差ぼけを経験したことがあるなら分かと …

飛行機「私の席はどこ」

飛行機の中での英会話「私の席はどこ?」「そこは私の席ですが」

国際線の飛行機はサイズが大きいため席がたくさん並んでいます。 海外旅行が初めてだと、どの列に自分の席があるのか見つけるのに時間がかかってしまうことも珍しくありません。 そんな時はキャビンアテンダントに …

40代男性の冷え

40代男性の「冷え」「寒気」が止まらない。どうしたらいい?

一般的には、女性よりも男性の方が筋肉の量が多く、そのせいで体温が高いものです。 そのため、すぐに暑く感じたり、薄着でも平気ということが多いです。 でも、40代になると「冷え」や「寒気」を感じる人もいる …

国際線の乗り継ぎ宿泊

なぜ飛行機に「リチウム電池」を預けられない?理由と持ち込み方

スマホ(スマートフォン)やデジカメ(デジタルカメラ)は、今や、プライベートでもビジネスでも必需品となっています。 特にスマホは24時間フルタイムで活躍してくれるので、いつでも充電しておきたいと考えるの …

海外旅行先での病気

海外旅行先で「病気」「ケガ」の英語「熱中症」「めまい」「熱」

日本と環境で過ごす海外旅行では、時差ぼけ、フライトの疲れ、食べ物の違い、水の違い、現地での病気などといった様々な要因から、体調には十分に気を配る必要があります。 旅行先で病気になってしまったりけがを負 …