Nothing really matters

気になることを色々と、すこしずつ。

飛行機に持ち込み可能なスーツケースのサイズは何?

      2016/06/08

スーツケース 海外旅行 選び方

海外旅行では、空港内を移動する時間がけっこうあります。
手荷物検査を受けたり、出入国をしたり、飛行機を待ったり、乗り換えのための移動をしたり・・・。

その度に荷物を「よいしょ」と持ち上げて抱えて歩くのは面倒だし、時間が経てば重く感じるものです。

そんなときに機内持ち込みができるスーツケース(キャリーケース)があると便利です。

小さいスーツケースは海外旅行だけでなくても、1泊程度の旅行や雑誌や資料などの荷物を運ぶときにも使えます。
機内持ち込みできるスーツケースのサイズ、選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

飛行機に持ち込みできるスーツケースのサイズは?

飛行機に持ち込みできる「カバン」や「スーツケース」は、

(縦)×(横)×(厚さ・マチ)の合計が「115cm以内」

ならOKです。

ただし航空会社によって若干の違いがあるので、旅行前にご自身の責任で確認をしてください。

そして、その機内持込のカバンまたはスーツケースに加えて、パスポートやラップトップといった「身の回り品(小さいバッグ)」を1つ持ち込むことができます。

 

海外旅行用のキャリーケースの選び方

以下のポイントを考慮してキャリーケースを選んでみてください。

・安価なものの方がいいかも

安価でも丈夫なものが多いです。
旅行中に傷がついても痛手が少なくて済みます。
もちろん気に入ったブランドがあるならそのブランドから選びましょう。

・布タイプとハードケース(シェルタイプ)

ハードケースの場合、中身が濡れたりつぶれたりる心配がありません。
でも、布もハードケースもどちらも使いやすいです。

・軽ければ軽い方がいい

軽ければ軽いほど持って歩くのが楽です。
また、機内で収納棚にしまうときに持ち上げる必要があります。
特に女性は、荷物を上げ下ろしできるサイズかどうかを確認してから購入した方がいいでしょう。

・横開きタイプと縦開きタイプ

縦開きタイプ(携帯電話のように開く)だと、開くときに場所をとる可能性があります。
横開きタイプ(本のように開く)なら、開いたスーツケースの片方を壁に立てかけることができますのでちょっと開きたいときにはこちらのスタイルの方が便利です。

旅行経験者による機内持込スーツケースのレビュー

5回以上の海外旅行の経験者による、機内持込のスーツケースのチェックポイントをご紹介します。

機内持ち込みしているスーツケースで最近に気に入っているのは、無印良品のキャリーケースです。
このシリーズの中では一番小さいサイズですが、機内持ち込みするのにとても便利です。

その見た目よりもたっぷり入るし使い勝手もいいです。
最近では、キャビンアテンダントの方でも使っているのを見かけます。

このサイズだと、一泊二日のような短期旅行にも使えます。
キャスターがスムーズに転がるので、アスファルトの上でも空港でも問題ありません。
けっこう値段が張ったリモアのスーツケースも持っていますが、キャスターの動きはリモアに負けないくらい快適です。

ケース内は、中身をベルトで留められるるだけでなく、片面には荷物を入れてファスナーで封ができます。
だからケースを開けたときに、中身が飛び出したり小物類がケース内をあちこち移動したりしません。

出張のように荷物が少ないときは、スーツケースを使わずにキャリーケースだけで旅行をすることもあります。
大きなスーツケースを預けてしまうと、ターンテーブルに出てくるまで待たなくてはなりませんよね。

仕事だとタイトなスケジュールなことが多いので、機内持込のキャリーケースだけで移動すると時間短縮にも役立ちます。

ノートパソコンや先方に提出する資料は持ち歩くとなると重くなります。
これらをボストンバッグやリュックに入れて移動すると疲れます。

それらをキャリーケースに入れてしまえば、移動の際は引いて歩くだけなので楽です。

 

おわりに

ちょっとしたフライトならちょっと大きめのカバンやリュックでもしのげると思いますが、荷物の多い人、ラップトップを持っている人、飛行機を乗り換える人はキャリーケースが便利です。

スポンサーリンク