Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

海外旅行 飛行機に乗る

英語で「ハネムーンなので飛行機の座席を隣にしてください」

投稿日:2016年5月11日 更新日:

ハネムーンなので席を隣に

一生に一度のハネムーンだから、新婚旅行は特別なものにしたいですよね。
新婚旅行用のプランの多くは、機内での席が隣同士だったり、新婚旅行用のサービスが用意されてます。

たいてい飛行機の座席は、同行者の席は並びになるものですが、まれに離れてしまうという悲しいこともあります。

それでは旅の楽しさも半減してしまうので、できる手は打っておくのがおすすめです。

「席を隣にしてください」
「席が離れているのですが隣に変えてもらえますか}

といった英語の例文をご紹介します。

スポンサード リンク




 

ハネムーンだから飛行機の座席を隣にしたい

飛行機の座席を「並び席」を確かにしたかったら、有料の座席指定を利用しましょう。
たいていの航空会社ではお金を払えば指定ができます。

「有料で指定するほどでも・・・」と考えているなら、自宅でオンラインチェックインをしてから出かけましょう。
オンラインチェックインをすると、座席番号が表示されます。
そこで「並び席」かどうか知ることができます。

もし、そこでも「並び席」ではないという不運なことになったら、なるべく早く空港に到着しましょう。
そして、チェックインカウンターで、

「新婚旅行なのですが、席が離れてしまいました。並び席に変更してください」

とお願いしましょう。

そして、問題は帰国する便ですよね。

現地でネットが使えるなら、帰国する前にオンラインチェックインをして座席番号を確認します。

オンラインチェックインができないなら、できるだけ早く空港へ行ってチェックインを済ませます。
早めの時間は座席にも余裕があるので、並びの席を確保しやすいです。

念のために、チェックインカウンターではこのようにお願いします。

・私たちは新婚旅行をしているので、並びの席でお願いします。
We are on our honeymoon and would like to set together.

たいてい並びの席にしてくれるでしょう。
それでも席が離れてしまうようなら、搭乗してすぐにCA(キャビンアテンダント)を捕まえてこんな感じでお願いします。

・パートナーと席が離れてしまいました。隣同士に変えてもらうことはできますか?
My seat is far away from my partner’s. Could we sit together?

 

おわりに

CAに搭乗後に席の変更をお願いするということは、他の搭乗客の席はもう決まっているところを交渉してくれるということです。
ですので、くれぐれも丁寧に(そしてちょっと悲しそうに笑)お願いするのがおすすめです。”

スポンサード リンク




 







-海外旅行, 飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外旅行のキャリーケース

近場の英語圏への海外旅行、おすすめはどこ?

「英語圏の国に海外旅行に行きたい。」 英語の勉強を始めたりすると、英語圏の国に海外旅行してみたいくなりますよね。 日本から近場で「英語圏」の国は結構あります。 近場なので移動が楽ですし、滞在先で英語の …

英語で苦情「割引されなかった」

ホテルへ英語で苦情「割引されなかった」

海外旅行は楽しくあるべきです。 だから、苦情なんて言いたくありませんよね。 でも、ハプニングというのはいつでも起こるものです。 ホテルのスタッフが不愛想というのは珍しくありませんが、割引されるはずだっ …

英語で苦情「利用できなくてがっかり」

英語メールで「レストランを予約したい」「メニューが知りたい」例文

海外旅行のレストランの予約はメールでもできるところが多いです。 メールなら後からちゃんと確認できますし、オーバーブッキングになってしまったときには証拠にもなります。 それに当日レストランに行ってみたら …

海外旅行で電車に乗る

海外旅行先の英語「○○に行きたいのですが」「ここの地名は?」

海外旅行先では、地図を片手に目当ての場所を目指していても、ピンとこないときがよくあります。 そんなときは現地の人に聞くのが手っ取り早いです。 道を聞くとき、そして、電車で使える英語の例文をご紹介します …

結婚式に遅刻、ご祝儀はどうする?

ホテルに英語でクレーム・文句の例文「請求書が間違っている」

海外旅行先のホテルで請求書の金額が間違っているとき、言いたくはないけれど苦情を申し立てなくてはならないことがあります。 海外では日本のように「言わなくても分かってくれる」という慣習はありません。 その …