Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

なぜ飛行機に「リチウム電池」を預けられない?理由と持ち込み方

投稿日:2016年1月3日 更新日:

飛行機にリチウム電池は預け入れできない?

スマホ(スマートフォン)やデジカメ(デジタルカメラ)は、今や、プライベートでもビジネスでも必需品となっています。
特にスマホは24時間フルタイムで活躍してくれるので、いつでも充電しておきたいと考えるのは当然のことです。

そのため、旅行に出かけるときは充電器があるとかなり便利です。
しかし、飛行機で移動をする場合、スマホやデジカメの充電器の取り扱いに気を付けなければいけません。

充電器は、預け入れ荷物に入れることができません。つまり、空港で預け入れする荷物(スーツケースなど)に入れずに、あなたの手荷物に含めて機内に持ち込まなければいけないということです。

スポンサード リンク


 

「リチウム電池」をチェックインできない理由

 

スマホの充電器は「リチウムイオン電池」を使用しています。

このリチウムイオン電池は、衝撃が加えられたリ、湿度が変化することによって発火したり、爆破したりといった危険をはらんでいます。
これはスマホに限らず、預け入れスーツケース内のラップトップなども発火事故を実際に起こしています。

そのため、リチウムイオン電池はスーツケースに入れて預け入れをせずに機内持ち込みをします。ワット数の制限もありますが、個人が使用する通常の機器の範囲ならまずこれを超えることは少ないです。

空港のセキュリティチェックはエックス線検査でかなり詳細に調べています。そのため、きちんとルールに従わないと、せっかくチェックインして搭乗ゲート前で
くつろいでいるところを呼び出される可能性があります。呼び出されてせっかく詰めたスーツケースを開けなければいけません。

そのため、リチウムイオン電池を使用した充電器は「機内持ち込み」になるよう荷造りをしておきましょう。
 

毎回チェックしておきたい航空会社のルール

 

預け入れできるスーツケースの大きさ・重さ・個数、機内持ち込み荷物の大きさ・重さといった事項は、個人で前もって調べておくのが常識です。
それらの情報をチェックする際には、スマホの充電器についても確認しておきましょう。

「過去に利用したことがある航空会社だから」という理由でチェックを省略するのはあまりお勧めできません。

なぜなら、ルールはしばしば改定されることがあるからです。

充電コード(壁のコンセントから充電するタイプのもの)はスーツケースに入れても、手荷物に含めてもどちらでも大丈夫です。

最近の飛行機は座席にUSBソケットが用意されているものが多いです。
USBソケットを使えば、あなたのスマホを機内でも充電することができます。

航空会社の規定は、年々、細かく厳しくなっているように感じるかもしれませんが、これはすべて私たち乗客の安全を確保するためのものです。
規定さえきちんと守ってればなにも不安になることはありません。

あとは旅を楽しむだでけです。

スポンサード リンク


  

-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スーツケース 海外旅行 選び方

飛行機に持ち込み可能なスーツケースのサイズは何?

海外旅行では、空港内を移動する時間がけっこうあります。 手荷物検査を受けたり、出入国をしたり、飛行機を待ったり、乗り換えのための移動をしたり・・・。 その度に荷物を「よいしょ」と持ち上げて抱えて歩くの …

英語の機内アナウンス、セリフは?

長時間の国際線。機内での暇つぶしに何をする?

近場へ向かう国際線ならフライト時間も2,3時間です。 乗ったと思ったらすぐに到着するので、退屈することもないでしょう。 長時間のフライトになると、ハワイだと8時間、ヨーロやアメリカなら10~12時間は …

ママ友との付き合いをやめた

飛行機で携帯を使ってはいけない理由って?

飛行機に乗ったら、通信機能がついている機械は「電源を切る」か「飛行機モード」にする必要があります。 タブレットやラップトップにも通信機能があるので、同様に「飛行機モード」にする必要があります。 これは …

飛行機から富士山を見たい!どちら側の座席なら可能?

せっかく飛行機で上空を移動するなら、機内から富士山を眺めてみたくはありませんか? 世界遺産に登録されている富士山は、写真や新幹線の窓から眺めてももちろん美しいのですが、飛行機から眺めると圧巻です。 空 …

英語でゆっくり話してください

海外旅行、飛行機の子供料金って何歳まで?中学生は?

「お子さんが子供料金のうちに海外旅行に行っておきたい」 と考えている家庭も多いはずです。 海外旅行の場合、「12歳未満」までが子供料金になります。 「大人料金」になると家計に響いてきますよね。 お子さ …