Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

飛行機に傘は持ち込める?国内線と国際線の違いは?

投稿日:2016年1月16日 更新日:

国際線の飛行機に傘の持ち込みはOK?

面倒ではありますが、海外旅行に行くたびに機内持ち込みが「OK」なもの、「NG」なものをチェックしなくてはいけません。さらに、航空会社によってもルールが少しずつ違うので戸惑ったりしますよね。

その中でも「長傘」の持ち込み可能なのか、そうでないのかあちこちで質問がされています。

確実にしたいなら、航空会社のHPで確認することです。
あらかじめ確認しておけば、当日のチェックインカウンターですったもんだする必要がなくなります。

一般的には、国内線では、普通の傘(長傘)の持ち込みが可能です。

国内線では、傘の持ち込みが可能なところ、NGなところとばらつきがあります。
昨今のテロの事例などを鑑みて、傘は凶器にもなりうるため仕方がありません。

いずれにしても、長傘を持ち込む場合、預け入れする場合の注意点もありますので一度確認してみてください。

スポンサード リンク




 

飛行機に傘を持ち込むときの注意点とは?

国内線の機内に傘を持ち込んだら、棚にしっかり収納するか足元に置きましょう。
あやまって傘が棚から滑り落ちてこないように荷物などを上に置いて固定する必要があります。

 

飛行機に傘を預け入れするときの注意点とは?

あなたの傘の先が尖っているようであれば、預け入れ荷物にするよう言われることがあります。
また、傘のサイズが大きすぎるときも、手荷物のサイズを超えているため預け入れ荷物にされてしまう可能性が大きいです。

預け入れ荷物になると、自分の手元から離れてしまいます。
日本の航空会社なら取り扱いが丁寧なので、さほど心配する必要はありませんが、海外の作業員は手荒に荷物を扱うため、あなたの傘が傷ついてしまう恐れがあります。

傘やベビーカーは、傷つけられたり、紛失したりといったトラブルが多いです。
そのため、大事な傘であれば、旅行先では使わない、折り畳みの傘を使うことを考慮した方がいいでしょう。

可能ならスーツケースに入れてしまう、預け入れ用の丈夫な箱に入れてしっかりと梱包するといった対策が必要です。

 

おわにり

・旅行先に傘を持っていきたいなら、該当の航空会社のHPで傘の持ち込みが可能かどうかの情報を事前に得る、もしくは電話やメールで確認しましょう。

・国際線では、傘の持ち込みがNGの場合もあり、その時は預け入れになってしまいます。運搬中のダメージや紛失を防ぐためにも、スーツケースに入れる、折り畳み傘で代用するなどの対応が必要です。

お気に入りの傘だからこそ旅行先で使いたくなるものですが、大事なものは家に置いてきて、壊れても大丈夫なものをつかうと気分的にも楽ですよ。

スポンサード リンク




 







-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

飛行機「私の席はどこ」

飛行機の中での英会話「私の席はどこ?」「そこは私の席ですが」

国際線の飛行機はサイズが大きいため席がたくさん並んでいます。 海外旅行が初めてだと、どの列に自分の席があるのか見つけるのに時間がかかってしまうことも珍しくありません。 そんな時はキャビンアテンダントに …

海外旅行先での病気

海外旅行の飛行機、何歳から子供料金?いつから適用?

最近は赤ちゃんを連れて海外旅行を楽しむ家族が増えています。 赤ちゃんの心地よさと安全をしっかり確保すれば、赤ちゃん連れでも海外旅行は可能です。 赤ちゃんは大きくなれば「子供料金」になります。 子供料金 …

国際線の乗り継ぎ宿泊

海外旅行の乗り継ぎで「宿泊したい」「宿泊する羽目に」あれこれ

海外旅行では、国際線を乗り継ぐことがよくあります。 たいてい経由する空港に降りると、次の飛行機に乗るものですが、その経由地で「宿泊」をすることがあります。 この「宿泊」は、 ・本人の希望で「宿泊をする …

預け入れ荷物、液体はNG?

飛行機の預け荷物に液体はNG?段ボールは預けられる?

空港のカウンターで預ける荷物(スーツケースなど)の中にはシャンプー、香水、化粧水、お酒のような「液体」を入れても大丈夫です。 スーツケースに液体を詰める際には、中身がこぼれたり、容器が割れたりした場合 …

ママ友とのトラブル。仲直りはどうする?

機内での英語「毛布をください」「入国カードをください」

国際線で使えるフレーズ、 「毛布をください」 「入国カードをください」 「私のスクリーンの調子が悪い」 そして間違えてコールボタンを押ししてしまったときの 「すみません」の英語の例文をご紹介します。 …