Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

飛行機の中で化粧品を使いたい!国際線の持ち込みのルールって?

投稿日:2016年1月1日 更新日:

飛行機の持ち込み化粧品について

「飛行機の手荷物に含めることができる化粧品って、けっこう厳しく制限されているなぁ」と最近、感じたことはありませんか?

ニュースなどでも報道されているように、昨今の事情もあり、安全に旅をするためには致し方がありません。

そうはいっても、せっかくの海外旅行です。
免税店で自分のお土産用に海外ブランドの香水や化粧品を購入したいし、かなり乾燥している機内では化粧品を使いたいですよね?

手荷物に含めることができる化粧品は、基本的に、持ち込みたいアイテムそれぞれを「100ml」に収めてしまえば大丈夫です。

スポンサード リンク




 

飛行機の手荷物として持ち込みできる液体(化粧品)

持ち込みたいアイテムを「100ml」のクリアなボトルに詰め替えるか、もしくは、トラベルサイズかサンプルの化粧品を持ち込むだけなので簡単ですよね?

それらすべてを「ジップロックのようなクリアなバッグ」に入れて、空港で提示すれば問題ありません。
この「ジップロックバッグ」は「1人につき1袋まで」と制限されています。

注意点としては、歯磨き粉やクリームも化粧品とカウントされることです。
そのため、すべて一緒にクリアバッグに入れます。
歯磨き粉もトラベルサイズだと簡単ですね。

機内は気圧の関係で、地上よりも乾燥しています。
湿度が10パーセント以下になってしまうこともしばしばあります。

長いフライトでは、肌や髪の毛が乾燥しやすくなるため、臨機応変にメイクオフしたり、十分に保湿したりできると理想的です。
それに加えて、水分をこまめに取って内側からも水分補給をしてあげましょう。

機内のトイレは大きさがコンパクトであり、また、数が限られています。
歯磨きをするぐらいなら大丈夫でしょうけど、他の乗客が待っている状態なら、メイク(化粧)のオン・オフはトイレの中でしない方がいいでしょう。

メイクオフなら自分の座席で「ふき取るタイプ」を使えばいいですし、メイクオンだったら飛行機を降りてからでも十分に時間をとることができます。

飛行機に「持ち込み禁止」のアイテム

化粧品関連の機内持ち込みで注意したいのが、化粧ポーチの中に入っているようなハサミ、毛抜き、またはソーイングセット類です。

大きさ的にはさほどではなくても、こういった刃物が入っていると没収されてしまいます。
そのため、ハサミ類はあらかじめ預け入れのスーツケースに入れておきましょう。預け入れのスーツケースなら、100ml以上の液体やハサミを入れても大丈夫です。

もう一つ注意したいのは、経由する国際線を利用する場合です。

面倒なのですが、次の飛行機に乗り換えるとき、セキュリティチェックをまた通らなくてはなりません。
経由地点の空港で、セキュリティチェックを通過する前に香水やお酒を購入すると、没収されてしまいます。

そのため、購入したいなら、最終目的地に到着する(つまり一番最後の便)の「セキュリティチェック通過後」に購入すれば大丈夫です。
帰国する時にはスーツケースの中にしまっておきましょう。

色々と面倒なルールがこれからも設定されるかもしれませんが、すべては私たちの旅を安全に楽しくしてくれるものです。
ルールさえ守れば心配することはありません。
現地で大いに楽しんで楽しい思い出を作りましょう。

スポンサード リンク




 







-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヨーロッパへ海外旅行

機内食はどうやって用意されている?特別な機内食って何?

国際線のような長いフライトでは機内食が楽しみの人も多いです。 機体が大きいものになると、乗客の数も数百人という多さになります。 これだけの乗客をまかなうために、キャビンアテンダントたちはどうやって機内 …

預け入れ荷物、液体はNG?

飛行機の預け荷物に液体はNG?段ボールは預けられる?

空港のカウンターで預ける荷物(スーツケースなど)の中にはシャンプー、香水、化粧水、お酒のような「液体」を入れても大丈夫です。 スーツケースに液体を詰める際には、中身がこぼれたり、容器が割れたりした場合 …

海外空港「荷物が出てこない」

空弁はどこで食べる?機内持ち込みで飛行機の中でもOK?

「空弁」(そらべん:「カラべん」ではありません)という言葉は、飛行機で移動する人たちの間ですっかり定着しました。 飛行機で出されるのは「機内食」であり、空弁は持ち込みする「食べ物」なのですが、 「空弁 …

エコノミークラス症候群を予防する体操は?

エコノミークラス症候群を予防する体操・運動・グッズは?

エコノミークラス症候群になりやすい人は、 ・窓側の席でトイレに立たない人 ・糖尿病がある人 ・妊娠している人 ・避妊薬を服用している人 ・血栓ができやすい人 と言われています。 症状を訴える人は5,0 …

海外ホテルに英語でリクエスト

赤ちゃんの海外旅行「時差ぼけ」が心配?解消法はこれ

海外旅行好きなパパとママなら、 「赤ちゃんを連れて海外旅行に行きたい」 国際結婚をしたパパとママなら、 「赤ちゃんを連れて海外(または日本)へ行かなくてはいけない」 と、赤ちゃんを連れて国際便に乗るこ …