Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

海外旅行 飛行機に乗る

海外旅行の飛行機、何歳から子供料金?いつから適用?

投稿日:2016年3月11日 更新日:

海外旅行って何歳から子供料金?

最近は赤ちゃんを連れて海外旅行を楽しむ家族が増えています。
赤ちゃんの心地よさと安全をしっかり確保すれば、赤ちゃん連れでも海外旅行は可能です。

赤ちゃんは大きくなれば「子供料金」になります。
子供料金が請求されるタイミングは赤ちゃんが「2歳になった時点」です。

「海外旅行の子供料金」は「国内の子供料金」と違うため注意が必要です。

スポンサード リンク




 

国際線の飛行機:子供料金が適用される年齢って?

海外旅行での子供料金が請求されるタイミングと、料金の目安は以下の通りです。

厳密にいうと子供料金には2種類あります。

・幼児料金(0~2歳未満)
・小児料金(2~12歳未満)

・0~2歳未満(幼児運賃)

この年齢では、飛行機の座席を予約する必要はありませんが、大人料金の「10%」の料金がかかります。
チケットも発行されるので、予約の際には名前とパスポート番号が必要になります。

赤ちゃんのための座席を予約していない場合、同伴者の膝の上に座ることになります。
離着陸時にそのまま抱っこしているだけでは危険なので専用のシートベルトを締める必要があります。

ただしこれが「大人1人と赤ちゃん2人」になると事情が変わってきます。

離着陸時や緊急時の安全面の規則から、大人が抱っこできる赤ちゃんの人数は「1人まで」と決まっています。
大人が2人いるときは赤ちゃんが2人を膝の上に座らせることができます。
でも例えば、双子を連れたお母さんの場合、1人は膝の上、もう一人は座席を予約する必要があります。

その場合のお子さんの座席は「子供料金」になります。

赤ちゃんを連れているときは「バシネット」という簡易式のベビーベッドを予約すれば借りることができます。
中にはバシネットが嫌いな赤ちゃんもいます。

その場合は、同伴者の膝の上で抱っこをすることになり、長時間のフライトだと大変です。
そんな場合は、子供料金を払って赤ちゃんのための席を予約することも可能です。

また、多くの航空会社は離乳食を提供しています。

 
・2~12歳未満(小児料金)

2歳になると子供料金が適用されます。
料金は大人料金の「75%」です。

子供料金を支払うことで、飛行機の座席1人分を予約できます。

旅行中にお子さんが2歳の誕生日を迎えるときの運賃はどうなるのでしょうか?
これは航空会社によって違うようです。

往路は幼児料金でも、復路には小児料金を請求されたり、
往復路とも幼児料金でいいですよ、という航空会社もあります。

搭乗時の機内では、大人と同じ機内食がもらえます。
あらかじめ予約をしておくことで「チャイルドミール」に変更することもできます。

通常だと、フライト中に子供が飽きないよう、ちょっとしたおもちゃ・冊子・ぬいぐるみ等を機内でもらえます。
ただし海外の航空会社だと、冊子やおもちゃに印字されているのは英語が多いです。

 
・12歳以上(大人料金)

大人料金が適用されます。
ツアーによっては「学生割引」が適用されるものもあります。

海外旅行の子供料金って半額か無料じゃなかったの?

国内では赤ちゃんは飛行機や電車の運賃が無料になったり、ホテルでも宿泊人数に含めなかったりします。
そういったことから国際線も「無料」や「半額」といったイメージを持ちやすいです。

残念ながら、完全に無料というわけではありません。

 

おわりに

国内線では赤ちゃんは3歳まで無料で登場することができますが、国際線では

・赤ちゃん連れであること
・赤ちゃんのパスポート番号

を予約時に連絡する必要があります。

これをしなかったために、いざ海外旅行へ出かけようとチェックインカウンターで搭乗を断れてしまったパパとママが何人かいるそうです。

せっかくの旅行を泣く泣く諦めるのは残念ですよね。

スポンサード リンク




 







-海外旅行, 飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外ひとり旅体験談

知っておきたい!国際線の飛行機の乗り継ぎ方。荷物はどうなるの?

初めての「国際線」で、しかも「乗り継ぎ」となると、どういうシステムになっているんだろう?と疑問だし、ちょっと緊張してしまいますよね。 慣れてしまえば何てことないし、誰でも初めてのときはドキドキするもの …

英語でホテルに送迎を依頼

「英語メール」でホテルに送迎を依頼したいときの例文はこれ!

ホテルが空港や駅から遠い場合、ホテルに送迎をしてもらえるなら楽ですよね。 ・ホテルは送迎をしてくれるのか? ・送迎してほしい時間を知らせたいとき ・料金はいくらなのか? といったことを聞きたいとき・連 …

国際線の乗り継ぎ宿泊

海外旅行の乗り継ぎで「宿泊したい」「宿泊する羽目に」あれこれ

海外旅行では、国際線を乗り継ぐことがよくあります。 たいてい経由する空港に降りると、次の飛行機に乗るものですが、その経由地で「宿泊」をすることがあります。 この「宿泊」は、 ・本人の希望で「宿泊をする …

英語でレストランの予約

海外旅行「英語で」レストランの予約をする例文って?

海外旅行先で買った食べ物をホテルの部屋で食べるのも楽しいですが、せっかくの海外旅行ですからレストランでゆっくり食事というのもいいですよね。 よっぽど現地の食べ物が口に合わない限り、レストランでの食事は …

イギリスアマゾンの注意点

海外旅行の「コンセント」はロンドン、フランス、カナダ、オーストラリアで違う!

海外旅行に行くなら、事前にチェックしておきたい「コンセント」。 スマホやデジタルカメラ、、ラップトップなど常に充電しなければいけないものや、ドライヤーやヘアアイロン、シェーバーなど使い慣れている電化製 …