Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

海外旅行

海外旅行、あなたのショルダーバッグで安全に街歩きできる?

投稿日:2016年4月15日 更新日:

海外旅行、安全に街歩き

あなたが海外旅行で街歩きをするときのバッグはどんなバッグですか?
オシャレ、可愛い、たくさん入る・・・などの好みがあるかと思いますが、防犯面ではどれぐらい安心できますか?

海外には、観光客を狙った犯罪が数多く存在します。
中には日本人が想像できないような手口の犯罪もあります。

パスポートや財布はあなたの身分を証明する貴重品です。
そんな貴重品をバッグに入れて持ち歩くのですから、海外旅行で使うバッグは吟味するのがおすすめです。

旅行経験が豊富な人たちはどんなバッグを選んでいるのでしょうか?

あなたのショルダーバッグ選びの参考にしてみてください。

スポンサード リンク




 

ノーブランドのバッグ:盗難防止を意識

海外旅行ではノーブランドのバッグを使っています。

ダブルファスナーがついているので、左右の肩に交互にバランスよくかけることができます。
だから体への負担を分散させることができます。

本体がそんなに分厚くないので、カフェや公園で座るときには膝の上に置いてお腹の前で抱えています。
背中と背もたれの間に置くと、バッグごとするっと抜き取られたりする可能性があるからです。

歩くときは、バッグはいつも斜めがけです。
いつも体に触れている状態を保てるので気持ち的にも安心です。

バッグ内部にはファスナーがついたポケットがいくつかついています。
パスポートや部屋の鍵といった貴重品を隠しておけます。

 

ノーブランドのバッグ:スリ対策を考慮

昔はリュックが一番安全だと思っていましたが、知り合いの添乗員さんに、
「リュックは体の前にかけないと、後ろから引っ張られたりナイフで切られてしまいます」
と、警告されました。それからすぐに今使っているバッグに変えました。

このバッグはノーブランドですが、チャックでしっかり閉めることができます。
さらに、チャックの上からフラップ(蓋)がついているデザインなので、スリ対策には合格だと思います。

街歩きをしているときに、荷物が増えることがありますよね。
そんなときはエコバッグを使います。
エコバッグにはお菓子や上着など、さほど大事ではないものを入れるといいと思います。

ブランド物だと、バッグ自体を狙われることもあります。
ノーブランドだとそんな心配がないので気楽です。

 

ノーブランドのショルダーバッグ:スリ対策に

海外に行くときは無名ブランドのバッグを使っています。
ブランドのバッグは「私はお金を持っています」と宣伝するようなものなので、海外に持ち出したことはありません。イタリアは旅行者を狙ったスリが多いと聞いていましたので、しっかりしているバッグに買い換えました。

無名ブランドですが、海外旅行用のショルダーバッグです。
ネットでもレビュー数が多かったので、デザインやサイズをよくチェックしてから購入しました。

バッグを買うときに意識したのは、

・簡単に開けられない、蓋がしっかり閉まるもの
・お腹の前に持ってこられるデザイン
・高価に見えすぎないカジュアルなもの

ややカジュアルなデザインのバッグですが、イタリアではラフな服装の人が多かったので、カジュアルぐらいでちょうどよかったです。
現地の人たちにうまく溶け込んで目立つのを防げたと思います。

 

旅行でも出張でも使えるバッグ:メッセンジャーバッグ

出張と旅行でよく海外に行きます。
いつも現地で持ち歩くバッグはメッセンジャーバックです。そのバッグは日本でも使うことがあります。
そのときは、肩から普通に下げて使っています。

海外に出るときは、そのバッグをヒップバックのように変形させます。
「ヒップバッグ」とはいっても、海外では後方からのスリも多いため、バッグをお尻の部分に下げるのではなく、お腹の部分に持ってきています。

荷物はいつでも自分が目の届くところでキープするのが一番です。
仮に、解体で肩からバッグを下げることになったら、その時は斜めがけにすると思います。

 

軽くて丈夫、スリ防止・ひったくり防止もできるバッグ

海外に行くときはいつも「Millet」の登山用バッグパックを使っています。

登山用のバッグは、防犯面で2つの利点があります。
1つ目は、バッグを背負っているのでひったくられる心配が少なくて済むということです。

背負っているものをひったくると体ごと持っていかれることになるので、ひったくり犯も狙ってはきません。

2つ目は、アウトドア用のバックパックは貴重品を隠せるよう内部が2~3重構造になっていることです。
スリたちがそれを知っているかどうかは分かりませんが、仮に何かを盗もうとしてファスナーを開けたとしても、貴重品までには届かないということです。

20回以上海外に出ていますが、スリやひったくりに遭ってしまうバッグというのは、トートのような口が開いているバッグや、肩にひっかけているだけのショルダーバックが多いと思います。

 

おわりに

普通のショルダーバッグでも、しっかり防犯できるものがたくさんありますが、旅行用のバッグだと、色々工夫がされている上に持ちやすいものが多いです。

機会があったら、旅行用品グッズを実際に手に取ってチェックしてみてください。

スポンサード リンク




 







-海外旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

英語力ゼロの海外旅行

英語力なしの海外旅行でこんな風に質問に答えてませんか?

海外旅行って楽しいですよね! ストレスの溜まる日常を離れて、異国でのんびりと羽を広げる時間が持てるなんて、まさに「至福の時」です。 でも、あなたはこんな体験をしていませんか? 英語で質問されると、必要 …

機内食はいりません。毛布をください。

機内での英語「機内食はいりません・不要です・後でください・おかわりを!」

長いフライトになると座りっぱなしなのでお腹があまり空きません。 それでも時間になると食事が運ばれてきます。 「さっき食べたばかりなのに、また食事?!」 なんてこともよくあります。 時差があったり、疲れ …

英語で「ゆっくり話してください」

海外旅行先で英語でリクエスト「ゆっくり説明して」「ゆっくり話して!」

海外旅行先のホテルだけでなく、その他あらゆる場所で使える英語のフレーズ、 「もっとゆっくり話してください」 英語圏だからと言って、現地人が同じような英語を話しているわけではありません。 それは日本国内 …

海外旅行一人旅の体験談

海外旅行一人旅の体験談「オーストラリア」行ってみたくなります!

オーストラリアをひとりで旅行してみようと考えていますか? オーストラリアでの見どころは・・・ コアラ、スリーシスターズ、ハーバードブリッジ、オペラハウス、エアーズロック、パロネラパーク、グレートバリア …

英語で「別々に支払いたい」

レストランで使える英語「まだ来ていません」「別々に支払い」など

海外旅行先での食事は「海外を味わえる」楽しみの一つです。 観光地でのレストランもまずくはないのですが、お勧めなのは現地の人が利用するレストランに挑戦することです。 レストランで「まだ決まっていません」 …