Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

海外旅行の乗り継ぎで「宿泊したい」「宿泊する羽目に」あれこれ

投稿日:2016年2月7日 更新日:

国際線の乗り継ぎ宿泊

海外旅行では、国際線を乗り継ぐことがよくあります。

たいてい経由する空港に降りると、次の飛行機に乗るものですが、その経由地で「宿泊」をすることがあります。

この「宿泊」は、

・本人の希望で「宿泊をする」とき
・航空会社の都合で「宿泊しなければならなくなった」

という、2種類のケースがあります。
どちらも、国際線の飛行機に乗りなれていない場合は不安ですよね。
それぞれのケースについてご紹介します。

スポンサード リンク




 

あなたが「宿泊」を希望しているケース

 
例えば、

・経由地で一度降りて宿泊したい場合
・トランジット(乗り継ぎ)の時間が長いので宿泊したい

という場合です。
待ち時間が7時間以上ある場合、空港のベンチで待つのはかなりの苦痛です。

そのため、トランジット・ホテルや空港の近辺のホテルで休むことができます。
(「トランジット・ホテル」とは、乗り継ぎの乗客が空港から出ることなく、ホテルで仮眠や宿泊ができるホテルです。すべての空港にあるわけではないので、問い合わせる必要があります)

もしくは、空港から一度出て近くのホテルに宿泊することも可能です。
この場合は、あらかじめ最初のチェックインカウンターで「経由地で一度降ります」と伝える必要があります。

伝え忘れてしまうと、あなたの荷物は次の便に乗せるために空港内待機になってしまいます。
その場合、ホテルをあらかじめ予約しておくこと、そして入国する国ではビザが必要かどうかも調べておきましょう。

入国した場合(空港から出た場合)は、次の便に乗るときには再度チェックインが必要です。ですので、時間に余裕を持たせる必要があります。

ただし、最初のチェックインカウンターで「経由地までのチェックイン」なのか「全区間のチェックインなのか」よく確認しておきましょう。

経由地までなら、再度のチェックインが必要です。
全区間なら、チェックインは不要ですが、荷物を受け取るならチェックインカウンターで再度預ける必要があります。

そのあたりは、各航空会社のルールやそのときの事情により違いがあるはずです。

 

航空会社の都合で「宿泊しなければならなくなった」場合

 
これは、最初の飛行機が遅れてしまった、オーバーブッキング等の理由で、予定していた次の便に乗れない場合です。

この場合は、航空会社があなたが目的地まで飛べるよう便を手配してくれます。

航空会社のルールにもよりますが、飛行機が遅延すると、食事券をくれたり、例えば「7時間以上遅れた」ときにホテルを手配してくれることがあります。

ホテルに宿泊することになった場合、航空会社が送迎や食事を負担してくれます。

時間と心に余裕がある人以外は、こういったハプニングは嬉しくありません。
その後の予定があることがほとんどですし、疲れてしまいます。
(まれに航空会社が手配したホテルが自分の旅行先のホテルよりも豪華だったというラッキーな人もいるようですが)

さらに、その場合、預け入れした荷物を受け取ることができない可能性もあります。
そのため、手荷物に1泊分の着替えなどが入っていると便利です。

 

おわりに

 
私の周りでも、「経由地で宿泊をしなければならなくなった」という経験をした人が何人かいます。
予定通りに飛行機に乗ることができないのはかなりのストレスですが、無事に飛べるということが何よりも大切です。

予期していないハプニングが起こっても対処できるよう、最低限の準備はしておきたいですね。

スポンサード リンク




 







-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヨーロッパへ海外旅行

機内食はどうやって用意されている?特別な機内食って何?

国際線のような長いフライトでは機内食が楽しみの人も多いです。 機体が大きいものになると、乗客の数も数百人という多さになります。 これだけの乗客をまかなうために、キャビンアテンダントたちはどうやって機内 …

海外ひとり旅体験談

他人事ではないエコノミークラス症候群!発症時間と予防策は?

「エコノミークラス症候群」は、長時間の間同じ姿勢で座り続けていることが原因で起こる症状です。 ただ「長時間座っているから」という単純な原因ではありません。 乾燥している飛行機の中で過ごしたり、水分を十 …

海外ひとり旅体験談

機内で使える英語「シートを倒してもいい?」「シートを戻して」

海外旅行につきものの国際線のフライト。ハワイでは7時間、ヨーロッパ―では10時間以上のフライトが当たり前です。 そのため、少しでも快適に過ごせるように、そして少しでも体力を温存しておくために座席シート …

海外空港「荷物が出てこない」

飛行機の中で化粧品を使いたい!国際線の持ち込みのルールって?

「飛行機の手荷物に含めることができる化粧品って、けっこう厳しく制限されているなぁ」と最近、感じたことはありませんか? ニュースなどでも報道されているように、昨今の事情もあり、安全に旅をするためには致し …

英語の機内アナウンス、セリフは?

長時間の国際線。機内での暇つぶしに何をする?

近場へ向かう国際線ならフライト時間も2,3時間です。 乗ったと思ったらすぐに到着するので、退屈することもないでしょう。 長時間のフライトになると、ハワイだと8時間、ヨーロやアメリカなら10~12時間は …