Nothing really matters

気になることを色々と、すこしずつ。

飛行機の中での英会話「私の席はどこ?」「そこは私の席ですが」

      2016/06/08

飛行機「私の席はどこ」

国際線の飛行機はサイズが大きいため席がたくさん並んでいます。
海外旅行が初めてだと、どの列に自分の席があるのか見つけるのに時間がかかってしまうことも珍しくありません。

そんな時はキャビンアテンダントに頼めばあなたの席を教えてくれます。
「私の席はどこですか?」「そこは私の席ですが・・・」など、座席に関する英語のフレーズをご紹介します。

スポンサーリンク

 

英語で「私の席はどこですか?」

キャビンアテンダントに自分の席がどこだか尋ねたいときは、あなたの航空券を見せながら、こう尋ねましょう。

・すみません、私の席はどこですか?
Excuse me, where is my seat?
Do you know where my seat is?
Could you help me to find my seat, please?

教えてもらったら、
・ありがとうございます
Thank you very much.

を、忘れずに。

英語で「前を通ってもいいですか?」

あなたの席は窓側です。
すでに誰かが通路側の席に座っていたらこのように尋ねましょう。

・すみません、私の席は窓側です。前を通ってもいいですか?
Excuse me, my seat is the window seat, could I get through?

もしも誰かがあなたの席に間違って座っていたら?
そんなときは、まず、その席が本当にあなたの席がどうかを確認します。
(間違っていたら恥ずかしいですしね!)
そしてこんな風に尋ねます。

・すみません、多分、ここは私の席だと思うのですが・・・。
Excuse me. I think this is my seat…

それでも動いてくれそうにないならキャビンアテンダントを呼びましょう。

もし、追加料金を払っていて、誰かがあなたの席を占領していたらカチンときますよね。
そんなときは、

・私はこの席を追加料金を払って予約しました。なので、この席は動きたくありません。
I paid extra to reserve my seat, so I don’t want to move to anywhere.

 

英語で「トイレに行きたいのですが・・・」

あなたの席は窓側です。
トイレに行きたくなったときは、遠慮なく通路側の人に話しかけましょう。

・すみません、トイレに行きたいのですが前を通ってもいいですか?
Excuse me, I would like to go to the lavatory, could I get through?

トイレから戻ったら、席を立ってくれた人に「Thank you.」とお礼を言うのを忘れずに。
エコノミー症候群の予防のためにもマメに体を動かすことは大切です。
通路側の人が寝ているからといって遠慮する必要はありません。

 

おわりに

もし、海外旅行に関する英語のフレーズで「こういう場合はどういったらいいの?」というものがありましたら、問い合わせフォームからご連絡ください。
掲載させていただくことを条件として、あなたの旅のお手伝いをさせていただけたらと思います。

スポンサーリンク