Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

空港で手荷物は預けない?手荷物だけのメリット・デメリットは?

投稿日:2016年1月9日 更新日:

手荷物だけで旅行

まず、「手荷物」は空港のチェックインカウンターでは預けません。
これは「機内持ち込み」の「手荷物」になるので、あなたが飛行機の中に一緒に持っていきます。

国内線でも、国際線でも空港で手荷物だけで旅行に出かけることはもちろん可能です。
一人旅だったり、ビジネス旅行だったり、近場の旅行だったり、手荷物だけ移動する、または移動できる人は多いです。

「手荷物だけで旅行」のメリット・デメリットをご紹介します。
メリットの方が多いですが、これは個人の好みにもよります。”

スポンサード リンク





 

「手荷物だけで旅行」空港で手荷物を預けないメリットは?

 
・荷造りが簡単

あなたの手荷物だけを用意すればいいだけなので簡単です。

・移動が楽

もしあなたが今までに、スーツケースを抱えて旅行をしたことがあるならわかると思いますが、けっこう面倒です。

駅や空港といった建物にはエレベーターやエスカレーターがありますが、そうでない場合、スーツケースをいちいち持ち上げなくてはいけません。

海外ではいまだにエレベーターがない所もたくさんあります。

手荷物だけだとそういった面倒がなくなり、いつでも身軽に移動ができます。

・時間を節約できる

空港でのチェックインカウンターで並んだり、荷物を預けたりといった時間を省くことができます。

さらに、自宅でチェックインを済ませておけば、印刷したチケット、もしくはスマホに保存したチケットがあれば、旅行当日はチェックインカウンターを素通りして出国ゲートに向かうことができます。

そして、飛行機を降りた後、ターンテーブルで荷物が出てくるのを待つ必要もありません。ターンテーブルの人だかりをすり抜けて空港を出ることができます。

・荷物の心配をしなくて済む

ターンテーブルから出てくるスーツケースに傷がついていないか、スーツケースが紛失していないか、もしくは、スーツケースの中身にダメージがないか、といった心配をする必要がありません。

スーツケースが紛失した場合、クレームタグをバゲージクレームまで持って行って、あなたのスーツケースを詳細に説明したり、見つかった場合の配送先などを記入したりと面倒です。

また海外の空港では、スーツケースを放り投げて積み下ろしをすることがよくあります。
丈夫なスーツケースとはいえ、本体に傷がついたり、中身が破損することもあります。

そういった心配をする必要がないのでとても気が楽です。
 

空港で手荷物を預けないデメリットは?

 
・スーツケースがない分、着替えなどの荷物が最小限になる。

手荷物に含めることができる着替え等は限られてきます。
あまり着替えにこだわらない人、現地で調達・洗濯ができる人にとっては、これはデメリットとしてカウントされないかもしれません。

・すべて手荷物に含めなくてはならない

お土産なども手荷物にいれて運ぶことになります。
機内持ち込みにできないものは置いてくるか郵送するしかなくなります。

もしも、あなたにとって上記のデメリットが特に問題でなければ、自宅でチェックインを済ませて、手荷物だけ持って颯爽と飛行機に乗り込んでみませんか?

その手軽さにきっと驚くと思いますよ。

帰りに荷物が増えてしまったら、現地でスーツケースを購入するなり段ボールを調達するなりできます。

色々な旅を楽しんでみてくださいね。

スポンサード リンク





  







-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外ひとり旅体験談

機内で使える英語「シートを倒してもいい?」「シートを戻して」

海外旅行につきものの国際線のフライト。ハワイでは7時間、ヨーロッパ―では10時間以上のフライトが当たり前です。 そのため、少しでも快適に過ごせるように、そして少しでも体力を温存しておくために座席シート …

海外ひとり旅体験談

飛行機の「離陸前」機内アナウンス、英語でなんて言っているの?

国際線に搭乗すると、まずCA(キャビンアテンダント)によるアナウンス、そして機長によるアナウンスがあります。 飛行機に乗り込んで気分が高揚しているというのもありますが、機長たちのアナウンスを聞く旅に「 …

海外空港「荷物が出てこない」

空弁はどこで食べる?機内持ち込みで飛行機の中でもOK?

「空弁」(そらべん:「カラべん」ではありません)という言葉は、飛行機で移動する人たちの間ですっかり定着しました。 飛行機で出されるのは「機内食」であり、空弁は持ち込みする「食べ物」なのですが、 「空弁 …

国際線の乗り継ぎ宿泊

なぜ飛行機に「リチウム電池」を預けられない?理由と持ち込み方

スマホ(スマートフォン)やデジカメ(デジタルカメラ)は、今や、プライベートでもビジネスでも必需品となっています。 特にスマホは24時間フルタイムで活躍してくれるので、いつでも充電しておきたいと考えるの …

英語でゆっくり話してください

海外旅行、飛行機の子供料金って何歳まで?中学生は?

「お子さんが子供料金のうちに海外旅行に行っておきたい」 と考えている家庭も多いはずです。 海外旅行の場合、「12歳未満」までが子供料金になります。 「大人料金」になると家計に響いてきますよね。 お子さ …