Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

旅行を100%楽しくするおすすめの「パスポートホルダー」

投稿日:2016年1月6日 更新日:

パスポートホルダー

事務的で無機質なデザインのパスポートは、おしゃれなカバーをかけるだけで変身してくれます。
それに旅行をするのも楽しくなります。

でも、出国審査のときには「パスポートからカバーを外して提示してください」と注意されてしまいます。

「旅行に必要なのはパスポートであって、カバーは必要ないんだな」
と、感じる人もいるかもしれませんが、カバーがあると便利なことがよくあります。

パスポートの材質は紙です。
紙の冊子にチップがついています。

カバーがかかっていると、万が一、水をこぼしたりした場合に、中身とチップが濡れるのを防いでくれます。
そのため、保護の意味でもパスポートホルダーをつけておくと便利です。

パスポートホルダーは、100均一、無印、文房具店、旅行用品店などで簡単に購入することができます。
(楽天では「赤富士のパスポートケース」という面白いパスポートカバーが人気のようです。

スポンサード リンク





 

セキュリティ面を重視するなら「パスポートホルダー」をチェック!

 
パスポートカバーとは別に、セキュリティ面で大変優れている「パスポートホルダー」もとても便利です。

海外では、パスポートは身分証明にもなる大切なものです。
旅行先でなくしてしまったら、滞在国を出国することも日本に入国することもできません。
そのため、紛失したり盗難にあわないよう、個人でしっかりと管理することが必要です。

しかしながら、旅行先でパスポートを提示しなくてはいけない場面もしばしばあります。
空港での買い物にパスポートと航空券の提示が求められたり、ホテルのチェックインでの身分証明、これはまれですが現地の警官等へのパスポートの提示など、パスポートを取り出す機会が少なからずあるのです。

大切にしまっておきいたいパスポートですが、必要な時にはモタモタせずにスムーズに取り出せるようにしておきたいものです。

パスポートホルダーは、

・パスポートを安全に携帯できる
・旅行の邪魔にならない
・必要な時にすぐに取り出せる

最低でも、これらの条件をクリアしているものがいいです。
 

人気のパスポートホルダーはこんなタイプ

 
人気のタイプは、
「首から下げるタイプ」「腹巻タイプ」の2つです。

たとえ、おしゃれでスタイリッシュなパスポートホルダーを使っていても、肝心要のパスポートがホルダーから落ちてしまったり、盗まれたりしては意味がありません。
そのため、パスポートホルダーは実際に手に取ったり、レビューを読んだりして頑丈かどうかを確認するのがおすすめです。

加えて、防水加工がされているとなお安心です。
防水タイプではない場合、パスポートにカバーをかける、パスポートをビニールに入れたものをパスポートホルダーに入れるという方法でも大丈夫です。

また、防水性があるという理由だけで、安っぽいビニール製のものを安易に選んでしまうと、旅行中に破れたり切れたりする恐れもあります。
縫製がしっかりしているかどうかチェックするのも大事です。

「首から下げるタイプ」も「腹巻タイプ」も、服の中に入れて携帯するので紛失しにくく、また、パスポートがちゃんとあるかどうかいつでも確認できるので安心感を得ることができます。

腹巻タイプには予備のポケットがついているデザインが多く、パスポートと一緒にお金や鍵などを入れることができます。

その他のタイプでは、保険証入れのようなものもあります。
このタイプだと、パスポート、チケット、お金、カードをきれいに整理して入れることができます。

保険証入れタイプを使う場合は、旅行中のバッグにきちんと入れる必要があります。
くれぐれもトートバッグのような口が大きく開けっぱなしになったものに入れるのではなく、チャックでしっかり閉まるバッグや、リュックの底の部分に入れるようにしましょう。

丈夫で使いやすいものはそれなりの値段がします。
でも、せっかくの海外旅行ですから、楽しいものにしたいですよね。

安心感を得るための保険だと思えば、少し値段が高くても購入する価値はあります。
きちんとした製品はきちんとデザインされていますので、何年も使うことが可能です。

スポンサード リンク





  







-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

国際線の乗り継ぎ宿泊

なぜ飛行機に「リチウム電池」を預けられない?理由と持ち込み方

スマホ(スマートフォン)やデジカメ(デジタルカメラ)は、今や、プライベートでもビジネスでも必需品となっています。 特にスマホは24時間フルタイムで活躍してくれるので、いつでも充電しておきたいと考えるの …

海外空港「荷物が出てこない」

初めてでも大丈夫!「国内線」飛行機の乗り方

初めての飛行機、一度乗ってしまえば簡単なことなのですが、始めてのことは誰だって不安になります。 ・何時までに空港に行くの? ・空港に到着したら何をするの? ・どの飛行機に乗ったらいいの? などなど・・ …

ママ友とのトラブル。仲直りはどうする?

機内での英語「毛布をください」「入国カードをください」

国際線で使えるフレーズ、 「毛布をください」 「入国カードをください」 「私のスクリーンの調子が悪い」 そして間違えてコールボタンを押ししてしまったときの 「すみません」の英語の例文をご紹介します。 …

海外ホテルに英語でリクエスト

赤ちゃんの海外旅行「時差ぼけ」が心配?解消法はこれ

海外旅行好きなパパとママなら、 「赤ちゃんを連れて海外旅行に行きたい」 国際結婚をしたパパとママなら、 「赤ちゃんを連れて海外(または日本)へ行かなくてはいけない」 と、赤ちゃんを連れて国際便に乗るこ …

帰国後の時差ぼけ、眠れない

帰国後、時差ぼけで眠れないときの6つの解消法

海外から帰ってきてから悩まされる時差ぼけ、つらいですよね。 明日には仕事があるので寝ておきたい、 生活のリズムを取り戻したいので夜は寝ておきたい でも眠れない・・・! それはもう不快でしかありません。 …