Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

結婚式

結婚式(披露宴)に遅刻!連絡・ご祝儀・お詫びはどうする?

投稿日:2016年4月29日 更新日:

結婚式に遅刻、ご祝儀はどうする?

結婚式(披露宴)には、遅れて到着することのないようにしたいものです。
そのため式場には、時間の余裕をもって出かけることが大切です。

それでも、やむを得ぬ事情というのは起こるものです。
遅れてしまったときは仕方がありません。

「遅刻するのが失礼だから」といってまさた「ドタキャン」のような失礼なことはないとは思いますが、もし遅刻をしてしまったとき、

・どうやって会場に入室したらいいのか
・ご祝儀は誰に渡したらいいのか

をご紹介します。

スポンサード リンク




 

結婚式・披露宴に遅刻したらどだれに連絡する?

まず、遅刻しそうなことが分かった時点で式場に連絡ができれば連絡します。
できなければ無理をする必要はありません。
式場に着いてからスタッフがどのようにしたらいいか教えてくれます。

間違っても、慌てふためいて新郎新婦や親族に直接連絡をしてはいけません。

なぜなら式の当日、新郎新婦や親族は、メイク、着替え、親族紹介、写真撮影などで身動きがとれないぐらい忙しいからです。

「遅刻する」などと連絡をされても、迷惑をかけるだけですし、あなたの面倒を見ている暇はありません。

もしくは、出席者の中にあなたの知り合いがいれば、その人に連絡します。
そしてその人から会場のスタッフに伝えてもらえば、スタッフが遅刻して到着する招待客を迎え入れてくれます。

くれぐれも会場には勝手に入らないこと!

披露宴が始まっていたら、会場のスタッフに誘導をお願いします。
式の区切りの良いところで、そっと席に着きましょう。

とにかく、勝手にバタバタと入室するのはご法度です。
主役は新郎新婦なので、あなたが目立ってはいけません。
悪目立ちすることで新郎新婦にとって一緒に一度の思い出となる式を台無しにすることのないよう注意がひつようです。

 

遅刻してしまったらご祝儀は誰に渡したらいい?

披露宴中は、受付を担当していた人はご祝儀を金庫に預けて自分の席に着いています。
迷惑になるので、披露宴中にご祝儀を受付の担当者に渡すのは避けましょう。

ご祝儀は、式がお開きになってからご両親に渡します。
同時に、遅れてしまったことに対してお詫びします。

間違っても披露宴中に新郎新婦やご両親にご祝儀を渡すといった失礼なこともしてはいけません。

そして後日、式に遅れてしまったことについて、あらためて新郎新婦にお詫びしましょう。

 

おわりに

ご祝儀はお開きになってからご両親に渡しますが、芳名帳への記入は済んでいません。
その場合は、会場のスタッフにどうしたらいいか尋ねてください。

スポンサード リンク




 







-結婚式
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

結婚式でNG(タブー)な服装とは?

結婚式・披露宴でタブー(NG)な服装・ドレス・色は?

結婚式・披露宴での服装は、招待された側もおしゃれに着飾ることができる特別な日です。 でも主役は新郎新婦ですので、結婚式・披露宴での服装のマナーを守ったうえでおしゃれをしていきましょう。 ここでは、意外 …

四十九日と結婚式、断り方は?

四十九日と結婚式が重なる!どちらを優先させるべき?

一般的には、四十九日の忌明けが過ぎるまでは慶事に顔を出すのは控えるべきとされています。 慶事と弔事が重なってしまった場合、基本的には、弔事の方を優先させます。 故人と対面する機会はそれが最後になってし …

結婚式の車代の金額って?

結婚式の「お車代」渡すタイミングは?封筒の種類は?

結婚式では、会場のスタッフや、宴会の進行をお手伝いしてくれる友人たち、媒酌人といった方々への「お車代」や「心づけ」が必要です。 「心づけは」大体の相場がありますが、「お車代」はルールがちょっと曖昧なと …

結婚式でのタブー(NG)スピーチ

注意!結婚式・披露宴でのNG(タブー)な友人・上司スピーチって?

新郎新婦から、友人として、上司として、先輩として、結婚式でのスピーチを依頼されることもあるかと思います。 2人の出発をお祝いするおめでたい場ですから、あなたのスピーチで結婚式を盛り上げてあげたいところ …

結婚式の受け付けはポチ袋で大丈夫?

結婚式での受付のお礼に渡し方ってある?金額は?品物でもいいの?

ご結婚おめでとうございます。 結婚式の受付は、仲のいいご友人、ご兄弟または姉妹といった方々にお願いすると思います。 結婚式の受付はいわば、式の「顔」の部分になります。 招待客を迎え入れてくれたり、また …