海外ホテルに英語でリクエスト、ドライヤー、プラグ、加湿器、アイロンを借りる。

2021年7月31日

アイロンを貸してください

海外ホテルには、たいてい1~2つのドライヤーが備わっていますが、「リクエストに応じて貸し出す」というポリシーのところもあるようです。
ドライヤーが見当たらなかったら、ホテルに貸してもらえるかどうか聞いてみましょう。

「ドライヤーを貸してほしい」「プラグ」「加湿器」を借りたいときの英文をご紹介します。

ホテルに英語でリクエスト「ドライヤーを貸してください」

ドライヤーは部屋に着いていることがほとんどです。
それでもドライヤーがないなら、ホテルのフロントに尋ねてみましょう。

・ドライヤーを借りることはできますか?
Excuse me. Could I borrow a hair dryer?

ヘアケア製品は、旅行先でも自分のものを使いたいですよね。
海外対応のドライヤーなら、海外対応のプラグを持参すれば使うことができます。

プラグを忘れてしまった場合、こんな風に聞くことができます。
でも、たいていは「ありません」と言われることが多いです。

・ドライヤーのアダプターを持ってくるのを忘れてしまったのですが、借りることはできますか?
I forgot to bring a plug & socket for my hair dryer. Is there any I can borrow?

・ここの電圧は何ボルトですか?
What is the voltage here?

ホテルに英語でリクエスト「加湿器を貸してください」

日本ではすっかりおなじみの加湿器は、普及していない国もあります。
ダメ元で、こんな風に聞いてみることができます。

・部屋が乾燥しているようです。加湿器を貸していただけますか?
The air in this room is very dry. Is there a humidifier I could borrow?

加湿器を貸してもらえたとして、それをどう使うのか分からないとき。

・この加湿器はどうやって使うのですか?
How do I use this humidifier?
Could you tell me how to use the humidifier?

または、部屋に備わっている加湿器が動かないとき。

・部屋の加湿器が動きません。誰か分かる人に見てもらいたいのですが。
The humidifier is not working. I would like somebody who can fix it.

のように言います。

おわりに

海外では、加湿器を用意していないホテルの方が多いかもしれません。
日本ではどこにでもある「ウォシュレット」も、海外ではほとんど見かけません。

こういう違いを目の当たりにするたび「日本って本当に恵まれている」と感じます。