Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

海外旅行

海外旅行の「コンセント」はロンドン、フランス、カナダ、オーストラリアで違う!

投稿日:2016年1月23日 更新日:

海外旅行用プラグ

海外旅行に行くなら、事前にチェックしておきたい「コンセント」。
スマホやデジタルカメラ、、ラップトップなど常に充電しなければいけないものや、ドライヤーやヘアアイロン、シェーバーなど使い慣れている電化製品ように必要です。

海外では、日本の電化製品についているプラグではほとんど使いものになりません。
そのため、海外旅行用のプラグが必要になります。

お手軽なのは空港でも購入することですが、お得に購入したいなら事前に調達しておくことをおすすめします。

便利なのは「マルチプラグ」です。
1つの製品に数種類のプラグがついているので、数か国で使うことができます。
旅行先で必要な形式のプラグを引っ張り出してコンセントに差し込むだけです。

マルチ変換プラグ 海外旅行用 世界200ヶ国以上対応 USB2ポート付

また最近は、充電したい機器は1台だけというわけにはいきませんよね?
スマホやタブレットがあったり、家族のメンバー分や、旅行のメンバー分のスマホというように数台あるはずです。
そのため、変換プラグは何台か用意しておくと安心です。

スポンサード リンク




 

ロンドン(イギリス)のコンセント

・プラグの形状 タイプA
・電圧 240V

 

オーストリアのコンセント

・プラグの形状 タイプC、またはSE
・電圧 220V

 

フランスのコンセント

・プラグの形状 タイプC、またはSE
・電圧 220V

 

イタリアのコンセント

・プラグの形状 タイプC、またはSE
・電圧 220V

 

スペインのコンセント

・プラグの形状 タイプC、またはSE
・電圧 220V

 

カナダのコンセント

・プラグの形状 タイプA
・電圧 110V、または120V

 

アメリカのコンセント

・プラグの形状 タイプA
・電圧 110V、または120V

 

ベトナムのコンセント


・プラグの形状 タイプA、またはC
・電圧 220V

 

オーストラリアのコンセント

・プラグの形状 タイプO
・電圧 250V、または250V

 

「変圧器」が必要な電気製品もあるので注意

 
電化製品の中には「変圧器」がないと使用できないものもあります。

ただ、多くのラップトップやスマホは海外で使用されることも想定してデザインされているので、すべての製品に変圧器が必要というわけではありません。

ドライヤーやヘアアイロンなど、海外でも使いたいものがあるなら説明書などであらかじめ確認しておくことをおすすめします。
もしくは普段から「海外旅行対応」のヘアドライヤーを使えば、そのまま旅行に持っていけるので便利です。

スポンサード リンク




 







-海外旅行
-

執筆者:


  1. […] したいとき、滞在国によっては変換プラグがないと使えません。 100均で変換プラグまで揃えることができるのは本当に便利です。 電源タップと合わせて。 国別の対応プラグはこちら。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヨーロッパへ海外旅行

ヨーロッパへ旅行!時差ボケ対策はOKですか?防止するならコレ

ヨーロッパ旅行が決まっていますか? 時差ぼけしやすいのは「東回り」とかいいますが、西回りでも南回りでも時差ぼけする人はしますし、大丈夫な人はケロッとしています。 時差ぼけを経験したことがあるなら分かと …

英語でゆっくり話してください

英語で「トイレはどこ」「入場料はいくら」「ゆっくり話してください」と言いたい!

観光地で役に立つのが観光案内所。 地図もあるし、お土産も買えるし、宿を探すこともできます。 でも肝心の観光案内所が見つからなかったら困ってしまいます。 英語で「観光案内所はどこですか?」はどういうので …

英語でバスに乗る・降りる

英語で「バス停はどこですか」と言いたい!バスに乗る・降りる

海外旅行先では、観光用のバスもたくさんありますが、現地の人が利用するバスを利用すると安く移動をすることができるので利用しない手はありません。 でも、バスの停留所ってどこ?どこで降りたらいいの?降りると …

ホテルに英語で「人数が違います」

ホテルに英語で苦情/リクエスト「人数が違います」「訂正してください」

海外でも国内でもホテルを予約すれば、たいてい確認書がメールで送られてきます。 確認書の内容が間違っていたら、すぐにホテルに連絡をしましょう。 間違っている内容によって送る英文も変わってきます。 パター …

機内食はいりません。毛布をください。

機内での英語「機内食はいりません・不要です・後でください・おかわりを!」

長いフライトになると座りっぱなしなのでお腹があまり空きません。 それでも時間になると食事が運ばれてきます。 「さっき食べたばかりなのに、また食事?!」 なんてこともよくあります。 時差があったり、疲れ …