Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

海外旅行

海外旅行の「コンセント」はロンドン、フランス、カナダ、オーストラリアで違う!

投稿日:2016年1月23日 更新日:

海外旅行用プラグ

海外旅行に行くなら、事前にチェックしておきたい「コンセント」。
スマホやデジタルカメラ、、ラップトップなど常に充電しなければいけないものや、ドライヤーやヘアアイロン、シェーバーなど使い慣れている電化製品ように必要です。

海外では、日本の電化製品についているプラグではほとんど使いものになりません。
そのため、海外旅行用のプラグが必要になります。

お手軽なのは空港でも購入することですが、お得に購入したいなら事前に調達しておくことをおすすめします。

便利なのは「マルチプラグ」です。
1つの製品に数種類のプラグがついているので、数か国で使うことができます。
旅行先で必要な形式のプラグを引っ張り出してコンセントに差し込むだけです。

マルチ変換プラグ 海外旅行用 世界200ヶ国以上対応 USB2ポート付

また最近は、充電したい機器は1台だけというわけにはいきませんよね?
スマホやタブレットがあったり、家族のメンバー分や、旅行のメンバー分のスマホというように数台あるはずです。
そのため、変換プラグは何台か用意しておくと安心です。

スポンサード リンク

 

ロンドン(イギリス)のコンセント

・プラグの形状 タイプA
・電圧 240V

 

オーストリアのコンセント

・プラグの形状 タイプC、またはSE
・電圧 220V

 

フランスのコンセント

・プラグの形状 タイプC、またはSE
・電圧 220V

 

イタリアのコンセント

・プラグの形状 タイプC、またはSE
・電圧 220V

 

スペインのコンセント

・プラグの形状 タイプC、またはSE
・電圧 220V

 

カナダのコンセント

・プラグの形状 タイプA
・電圧 110V、または120V

 

アメリカのコンセント

・プラグの形状 タイプA
・電圧 110V、または120V

 

ベトナムのコンセント


・プラグの形状 タイプA、またはC
・電圧 220V

 

オーストラリアのコンセント

・プラグの形状 タイプO
・電圧 250V、または250V

 

「変圧器」が必要な電気製品もあるので注意

 
電化製品の中には「変圧器」がないと使用できないものもあります。

ただ、多くのラップトップやスマホは海外で使用されることも想定してデザインされているので、すべての製品に変圧器が必要というわけではありません。

ドライヤーやヘアアイロンなど、海外でも使いたいものがあるなら説明書などであらかじめ確認しておくことをおすすめします。
もしくは普段から「海外旅行対応」のヘアドライヤーを使えば、そのまま旅行に持っていけるので便利です。

スポンサード リンク

 

-海外旅行
-

執筆者:


  1. […] したいとき、滞在国によっては変換プラグがないと使えません。 100均で変換プラグまで揃えることができるのは本当に便利です。 電源タップと合わせて。 国別の対応プラグはこちら。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ママ友との付き合いをやめた

海外旅行の携帯は「レンタル」がおすすめな理由って?

旅行中の携帯電話はとても便利です。 一緒に旅行している家族や友人と、インスタントに連絡を取り合うことができるのは便利だし、何かトラブルがあったときにも欠かせません。 でも「海外旅行には自分の携帯電話は …

英語で「部屋が暑すぎる」

海外ホテル、英語で苦情を言いたい!部屋が暑い。エアコンが壊れている。

海外のホテルの部屋が暑すぎると、不快でよく眠れません。 睡眠不足では翌朝にすっきり目覚めることができないし、朝食もすすみません。 おまけに観光するのにパワー不足感も出てきます。 あなたの部屋をできるだ …

ホテルへの英文リクエスト

英語メールでホテルにチェックインが深夜・遅れることを伝えるには?

フライトが遅れた、スケジュールの都合でホテルに到着するのが遅くなる・深夜になってしまうことがあります。 ツアーだと旅行会社から連絡をするはずなので心配はありませんが、個人で手配すると「キャンセル扱い」 …

海外ひとり旅体験談

海外一人旅の体験談「シンガポール」一人だから濃密な旅ができる!

シンガポールへの一人旅を考えていますか? 異国の情緒を味わえるシンガポールは、日本から数時間のフライトで行くことができます。 アラブストリート、マーラインオンパーク、オーチャードロード、サルタンモスク …

海外旅行先での病気

海外旅行の飛行機、何歳から子供料金?いつから適用?

最近は赤ちゃんを連れて海外旅行を楽しむ家族が増えています。 赤ちゃんの心地よさと安全をしっかり確保すれば、赤ちゃん連れでも海外旅行は可能です。 赤ちゃんは大きくなれば「子供料金」になります。 子供料金 …