Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

なぜ飛行機に「リチウム電池」を預けられない?理由と持ち込み方

投稿日:2016年1月3日 更新日:

飛行機にリチウム電池は預け入れできない?

スマホ(スマートフォン)やデジカメ(デジタルカメラ)は、今や、プライベートでもビジネスでも必需品となっています。
特にスマホは24時間フルタイムで活躍してくれるので、いつでも充電しておきたいと考えるのは当然のことです。

そのため、旅行に出かけるときは充電器があるとかなり便利です。
しかし、飛行機で移動をする場合、スマホやデジカメの充電器の取り扱いに気を付けなければいけません。

充電器は、預け入れ荷物に入れることができません。つまり、空港で預け入れする荷物(スーツケースなど)に入れずに、あなたの手荷物に含めて機内に持ち込まなければいけないということです。

スポンサード リンク


 

「リチウム電池」をチェックインできない理由

 

スマホの充電器は「リチウムイオン電池」を使用しています。

このリチウムイオン電池は、衝撃が加えられたリ、湿度が変化することによって発火したり、爆破したりといった危険をはらんでいます。
これはスマホに限らず、預け入れスーツケース内のラップトップなども発火事故を実際に起こしています。

そのため、リチウムイオン電池はスーツケースに入れて預け入れをせずに機内持ち込みをします。ワット数の制限もありますが、個人が使用する通常の機器の範囲ならまずこれを超えることは少ないです。

空港のセキュリティチェックはエックス線検査でかなり詳細に調べています。そのため、きちんとルールに従わないと、せっかくチェックインして搭乗ゲート前で
くつろいでいるところを呼び出される可能性があります。呼び出されてせっかく詰めたスーツケースを開けなければいけません。

そのため、リチウムイオン電池を使用した充電器は「機内持ち込み」になるよう荷造りをしておきましょう。
 

毎回チェックしておきたい航空会社のルール

 

預け入れできるスーツケースの大きさ・重さ・個数、機内持ち込み荷物の大きさ・重さといった事項は、個人で前もって調べておくのが常識です。
それらの情報をチェックする際には、スマホの充電器についても確認しておきましょう。

「過去に利用したことがある航空会社だから」という理由でチェックを省略するのはあまりお勧めできません。

なぜなら、ルールはしばしば改定されることがあるからです。

充電コード(壁のコンセントから充電するタイプのもの)はスーツケースに入れても、手荷物に含めてもどちらでも大丈夫です。

最近の飛行機は座席にUSBソケットが用意されているものが多いです。
USBソケットを使えば、あなたのスマホを機内でも充電することができます。

航空会社の規定は、年々、細かく厳しくなっているように感じるかもしれませんが、これはすべて私たち乗客の安全を確保するためのものです。
規定さえきちんと守ってればなにも不安になることはありません。

あとは旅を楽しむだでけです。

スポンサード リンク


  

-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

国際線の飛行機、手荷物に「食べ物」を入れて機内持ち込みしたい!

国際線飛行機の「手荷物」のルールって面倒ですよね。 ちょっと前に大丈夫だったものが今はNGだったり、液体は「100ml」なら大丈夫、飛行機には持ち込めないものがあって、渡航先の国が持ち込み規制している …

ママ友とのトラブル。仲直りはどうする?

機内の英会話「飲み物(ジュース・水・ビール)」を注文したい

日本発着の国際便には日本人のキャビンアテンダントがいることが多いです。 でも、そのキャビンアテンダントがあなたの座席のエリアの担当でない場合、英語しか話さないスタッフがあなたのお世話をしてくれることに …

海外空港「荷物が出てこない」

飛行機の中で化粧品を使いたい!国際線の持ち込みのルールって?

「飛行機の手荷物に含めることができる化粧品って、けっこう厳しく制限されているなぁ」と最近、感じたことはありませんか? ニュースなどでも報道されているように、昨今の事情もあり、安全に旅をするためには致し …

機内食はいりません。毛布をください。

機内での英語「機内食はいりません・不要です・後でください・おかわりを!」

長いフライトになると座りっぱなしなのでお腹があまり空きません。 それでも時間になると食事が運ばれてきます。 「さっき食べたばかりなのに、また食事?!」 なんてこともよくあります。 時差があったり、疲れ …

海外ひとり旅体験談

機内で使える英語「シートを倒してもいい?」「シートを戻して」

海外旅行につきものの国際線のフライト。ハワイでは7時間、ヨーロッパ―では10時間以上のフライトが当たり前です。 そのため、少しでも快適に過ごせるように、そして少しでも体力を温存しておくために座席シート …