Nothing really matters

気になることを色々と、すこしずつ。

2016「水戸黄門まつり」見どころ・交通規制は?

      2016/06/08

水戸黄門まつり(画像:http://www.mitokoumon.com/より)

「水戸黄門まつり」は、毎年8月、茨城県の県庁所在地である水戸市で3日間にわたり行われる大規模な夏祭りです。
2016年の日程は、

8月5日(金):千波湖での花火
(雨天荒天の場合12日(金)に延期されることがあります)

8月6日(土):山車の巡行、音楽隊パレード、水戸黄門パレード、市民カーニバル、タウンフェスティバル、サマードリームミュージック、サマードリームフェスタ

8月7日(日):山車の巡行、神輿連合渡御・子どもみこし渡御、タウンフェスティバル、サマードリームミュージック、サマードリームフェスタ

水戸黄門まつりの見どころや交通規制情報をご紹介します。

スポンサーリンク

 

水戸黄門まつりの見どころは?

初日は千波湖での花火大会がメインとなり、毎年35万人もの見物客が足を運んでいます。
千波湖の水面に映る逆さ花火が実に美しく、湖ならではの見どころとなっています。

2~3日目は、黄門さん通りにおいて、山車巡業や水戸黄門パレードなどを見ることができます。
水戸黄門パレードではなんと、黄門さまご一行も練り歩きますので必見です!
子ども黄門さまもとても可愛いです。

このパレードには、毎年有名人もゲストで呼ばれていて、過去には、由美かおるさん、渡辺裕之さん、雛形あきこさん、東幹久さん、羽田美智子さん、といった方々をゲストに迎えたこともあります。

 

水戸黄門まつりの歴史は?

この「黄門まつり」は、昭和36年から55年という長い間、一度も途切れることなく催されています。

もともとは「七夕黄門まつり」という規模の小さい普通の夏祭りが行われていました。
映画のプロモーションで西村晃さんと一緒にその他のキャストがゲストとして、衣装姿で水戸市をパレードしたことがきっかけで、水戸黄門パレードがスタートしました。

1997年に水戸黄門祭りとしてリニューアルされてから、現在のような規模の大きいお祭りに姿を変えてきたのです。

 

水戸黄門まつりへのアクセスは?

電車の場合:
・JR常盤線「水戸駅」南口を出て徒歩およそ10分

車の場合:
・常盤道水戸ICを出ておよそ20分

駐車場は、無料と有料合わせて利用できます。
市役所の駐車場も無料開放されます(200台)。
数に限りがあるのでお早めに出かけることをおすすめします。

 

水戸黄門まつりの交通規制・通行止めなど

初日の花火大会、2~3日目のパレードなどのため、午前10時半から午後10時半までの(ほぼ1日)は交通規制が行われます。

・花火大会(8月8日)
【10:00~22:30】水戸第一ホテル~千波公園まで交通規制
【18:50~21:00】千場公園付近が立ち入り禁止(花火打ち上げ場になるため)

・下市地区(8月8日)
【10:30~12:00】ふれあいロード
【14:00~21:00】ハミングロード513

・下市地区(8月8日)
【10:00~11:30】ふれあいロード
【10:00~12:30】ハミングロード513

・上市地区(8月8・9日)
黄門さん通りが歩行者用道路になり「通行止め」になります。

 

おわりに

おすすめの見物スポットは偕楽園公園センターの近くの広場です。
トイレも近いし、無料駐車場もあるし、小さい子供は歩き回ることができます。

場所を確保するためにも、レジャーシートとお弁当を持って少し早めに出かけるのがおすすめです。

スポンサーリンク