Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

飛行機の預け荷物に液体はNG?段ボールは預けられる?

投稿日:2016年1月5日 更新日:

預け入れ荷物、液体はNG?

空港のカウンターで預ける荷物(スーツケースなど)の中にはシャンプー、香水、化粧水、お酒のような「液体」を入れても大丈夫です。

スーツケースに液体を詰める際には、中身がこぼれたり、容器が割れたりした場合の他の中身の被害を最小限にするため、ビニールで包んでおくことをおすすめします。

日本国内の空港では、荷物は丁寧に取り扱われる方ですが、海外の空港になると、スーツケースは無造作に放り投げられてしまうことが日常茶飯事です。

スーツケースはシェルタイプ(プラスチック製)ならバスタオルなどで簡単にくるむ程度で十分です。
ソフトスーツケース(布製)ならさらに少し厚めにくるみ、それを箱か何かに入れるとより安心です。でも、洋服の間で動かないように入っていれば大丈夫です。

機内持ち込みの荷物は、セキュリティチェック(保安検査)で厳しく検査されます。
飛行機の中で使いたい化粧品は、あらかじめ100mlの透明なボトルに入れるか、トラベルサイズやサンプル品を使いましょう。
それらのアイテムをジップロックのような透明のバッグに入れてセキュリティチェックで提示しなくてはいけません。

スポンサード リンク





 

空港で段ボールを預けることはできる?液体もOK?

 
スーツケース同様に段ボールを預けることができます。

段ボールにも同様に液体を入れることができます。
段ボールは厚めで丈夫なものを選びましょう。
他のスーツケースと一緒に飛行機に格納されるため、上から何個も他人のスーツケースが乗せられることを想定しておいた方がいいです。

そのため、壊れては困るものは段ボールには入れない方が無難です。
何度もガムテープで補強し、できるなら荷造り用のひもで2重ぐらいに縛っておくのが理想的です。
ちょっとやそっとじゃ崩れないようにするのがポイントです。

そうすることにより、荷物を取り扱う人が結び目を見てどちらが上かを確認することができますし、ひもの部分を持って取り扱ってくれます。

また、帰国する場合の段ボールには、名前と住所を書いておきましょう。
どこかの空港で迷子になったときに見つけてもらいやすく、紛失・盗難を防ぐのに役に立ちます。

スーツケースも段ボールもチェックインの前に、すべて写真を撮っておくことをおすすめします。
なぜなら、ロストバゲージ(預け入れ荷物の紛失)の場合、クレームタグと一緒にその写真を見せることで、発見のプロセスをスムーズにしてくれます。

また、「Fragile(「フラジャイル」と発音します)扱いでお願いします」とカウンターで依頼すると「Fragile」と書かれたステッカーを預け入れ荷物に貼付してくれます。
これにより、あなたの慎重に取り扱ってくれることになっています。
でも、このステッカーが貼ってあったとしても海外の空港では手荒に扱われることもしばしばあるので、過剰な期待はしない方が無難です。

スーツケースや段ボールが不安定な場合は、中身が飛び出さないようにチェックインカウンターで大きなサランラップのようなもので荷物をぐるぐる巻きにしてくれます。
預け入れ荷物が心配ならカウンターで相談してみてください。(くれぐれもスーツケースは大丈夫なのにも関わらず、ターンテーブルでの目印として使うために巻いてもらうのはNGです。)

スポンサード リンク





  







-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

英語の機内アナウンス、セリフは?

長時間の国際線。機内での暇つぶしに何をする?

近場へ向かう国際線ならフライト時間も2,3時間です。 乗ったと思ったらすぐに到着するので、退屈することもないでしょう。 長時間のフライトになると、ハワイだと8時間、ヨーロやアメリカなら10~12時間は …

海外ひとり旅体験談

機内で使える英語「シートを倒してもいい?」「シートを戻して」

海外旅行につきものの国際線のフライト。ハワイでは7時間、ヨーロッパ―では10時間以上のフライトが当たり前です。 そのため、少しでも快適に過ごせるように、そして少しでも体力を温存しておくために座席シート …

エコノミークラス症候群を予防する体操は?

エコノミークラス症候群を予防する体操・運動・グッズは?

エコノミークラス症候群になりやすい人は、 ・窓側の席でトイレに立たない人 ・糖尿病がある人 ・妊娠している人 ・避妊薬を服用している人 ・血栓ができやすい人 と言われています。 症状を訴える人は5,0 …

海外ひとり旅体験談

他人事ではないエコノミークラス症候群!発症時間と予防策は?

「エコノミークラス症候群」は、長時間の間同じ姿勢で座り続けていることが原因で起こる症状です。 ただ「長時間座っているから」という単純な原因ではありません。 乾燥している飛行機の中で過ごしたり、水分を十 …

飛行機「私の席はどこ」

飛行機の中での英会話「私の席はどこ?」「そこは私の席ですが」

国際線の飛行機はサイズが大きいため席がたくさん並んでいます。 海外旅行が初めてだと、どの列に自分の席があるのか見つけるのに時間がかかってしまうことも珍しくありません。 そんな時はキャビンアテンダントに …