Nothing Really Matters

気になることをあれこれメモしています。

飛行機に乗る

飛行機内で安眠したい!寝る方法はある?

投稿日:2016年1月2日 更新日:

飛行機内で睡眠をとる方法とは?

「飛行機の中では仕事をする!」とビジネスマンなら胸を張りそうですが、「飛行機の中ではできるだけ睡眠をとっておきたい」と感じる人が大多数です。

長時間のフライトになると、日本と現地で時差があるため、体調を整えておくという意味でも寝ておくことは大切です。

しかし、せまい座席の中では「寝たいのに眠れない」ですよね。

ここでは飛行機の中で(長時間のフライト)で寝る方法をご紹介します。

スポンサード リンク


 

飛行機内で少しでも長く睡眠をとる7つの方法

 

1. アイマスクと耳栓

この二つがあるのとないのではかなり違います。

「目をつぶれば眠れる」とあなたは思うかもしれませんが、機内では手元を照らすためのライトをつける人がいたり、あなたが寝たいときに機内の照明が暗くなるわけではありません。
そこで、アイマスクを利用して視界をシャットアウトします。

耳栓は100%ではありませんが、飛行機の音、他の乗客の声、子供の泣き声などをカットしてくれます。
耳栓をしても周りの音がある程度聞こえてしまうのは仕方がありません。

そういった雑音が気になるなら、音楽を聞きながら眠るという策もお勧めです。
航空会社が用意している音楽や、もしくは睡眠を促してくれるアプリ(周波数の音源や、心を落ち着かせてくれる自然の音)を聞くのもおすすめです。

2. 前日から睡眠量を調整しておく

飛行機に搭乗するときに、ちょっと寝不足ぐらいの状態だと眠りやすくなります。
それには前日からの調整が必要になります。

3. マイ枕

エコノミーのシートの頭部は固かったり位置が微妙だったりします。
また日本人の多くは、後ろの人に遠慮して「座席を倒せない」という人も多いです。

機内ではたいてい、枕とブランケット(毛布)がそれぞれの席に用意されています。
でも、枕はできることなら持参したいですね。
自分で空気を入れて使用するタイプは持ち運びが便利ですし、ネックピローなら種類も豊富です。

エコノミーの毛布は薄いため、追加で借りることも可能です。
しかし、まれに数に限りがあることがあるため、これも自分の物を用意しておくのがおすすめです。
とはいっても毛布を手荷物に入れるとかさばってしまいますので、ストールやバスタオル(恥ずかしくなければ)、厚手の靴下などがおすすめです。
機内で靴を履くと窮屈ですし、長時間のフライトでは足がむくんでしまうこともあります。
そのため、靴を脱いで厚手のソックスを履いてリラックスしましょう。
スリッパなども、現地のホテルで使うことができるのでお勧めです。

4. お酒は控える、食べ過ぎない

空の上では気圧が変化します。機内食や飲み物が「無料だから」と頑張ってすべてを食べたり、おかわりしたいせずに、腹8分目を心がけましょう。
お酒やジュースの飲みすぎもトイレが近くなるので注意が必要です。
ご飯ものやパスタといった炭水化物は眠気を誘ってくれます。

5. 安眠を促してくるようなサプリメントを用いる

睡眠薬を使用することも可能ですが、睡眠を促してくれるハーブのサプリメントやハーブティなどもお勧めです。
「精神を落ち着かせてくれる」タイプのフラワーエッセンスも安全に使用できます。

6. 機内でストレッチをする

エコノミー症候群の防止にも役に立ちます。
眠れないときは、機内後部などのスペースを使ってストレッチをしてみましょう。

7. 選べるなら窓側の席を

通路側の席は、あなたが行きたいときにトイレに立つことができるので便利ですよね。
でも、窓側の席の人がトイレに行きたいときにいちいち立たなくてはいけません。

誰にも邪魔されずに睡眠をとりたいなら窓側がお勧めです。
壁を有効利用すれば頭を固定できるので安定した姿勢で眠ることができます。

少しでも睡眠をとることができれば、長いフライトもあっという間だし、体をリフレッシュさせることもできます。
次回のフライトにぜひ上記の方法を試してみてくださいね。

スポンサード リンク


  

-飛行機に乗る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外ひとり旅体験談

知っておきたい!国際線の飛行機の乗り継ぎ方。荷物はどうなるの?

初めての「国際線」で、しかも「乗り継ぎ」となると、どういうシステムになっているんだろう?と疑問だし、ちょっと緊張してしまいますよね。 慣れてしまえば何てことないし、誰でも初めてのときはドキドキするもの …

エコノミークラス症候群を予防する体操は?

エコノミークラス症候群を予防する体操・運動・グッズは?

エコノミークラス症候群になりやすい人は、 ・窓側の席でトイレに立たない人 ・糖尿病がある人 ・妊娠している人 ・避妊薬を服用している人 ・血栓ができやすい人 と言われています。 症状を訴える人は5,0 …

海外空港「荷物が出てこない」

初めてでも大丈夫!「国内線」飛行機の乗り方

初めての飛行機、一度乗ってしまえば簡単なことなのですが、始めてのことは誰だって不安になります。 ・何時までに空港に行くの? ・空港に到着したら何をするの? ・どの飛行機に乗ったらいいの? などなど・・ …

英語でゆっくり話してください

海外旅行、飛行機の子供料金って何歳まで?中学生は?

「お子さんが子供料金のうちに海外旅行に行っておきたい」 と考えている家庭も多いはずです。 海外旅行の場合、「12歳未満」までが子供料金になります。 「大人料金」になると家計に響いてきますよね。 お子さ …

スーツケース 海外旅行 選び方

飛行機に持ち込み可能なスーツケースのサイズは何?

海外旅行では、空港内を移動する時間がけっこうあります。 手荷物検査を受けたり、出入国をしたり、飛行機を待ったり、乗り換えのための移動をしたり・・・。 その度に荷物を「よいしょ」と持ち上げて抱えて歩くの …